節約と貯金のノウハウ。お金を貯めるための環境づくり

節約生活

節約生活

節約と貯金のノウハウ

ホーム記事一覧 > 節約貯金でお金を貯める!

節約貯金でお金を貯める!

節約貯金でお金を貯める!

節約と貯金は表裏一体。節約を実践している人の多くは、同時に貯金をしたいと考えているのではないでしょうか。

収入よりも支出が少なければ、お金は自動的に貯まっていくものですが、実際には「節約をしているつもりなのに、なかなかお金が貯まらない」という悩みを抱えている方も多く見られます。

そこで今回は、節約と貯金を組み合わせた「節約貯金」にスポットをあてて、5つの下準備と、2つの貯金ポイントというシンプルなステップでお金を貯めていく方法を紹介します。

 

節約貯金を始める前に

スムーズに節約貯金をするためには、最初に「お金の貯まる環境づくり」をすることが大切です。まずは以下の5つの下準備をしておきましょう。

1.節約貯金の目的を決める

節約貯金の目的を決める

節約貯金を始める場合、最初に決めたいのは貯金の目的です。「なんのために節約と貯金をするか」を考えてみましょう。
家族がいる場合は、夫婦二人(できれば子どもも含めた全員)で、家庭のお金の現状や、一人ひとりの将来の夢(マイホームの購入や習い事、私立進学など)と、そのために必要な資金の額を話し合うと良いでしょう。
やりたいことやほしいものがはっきりすることで、貯金への意欲を高められ、将来の目標実現に向けて努力できるようになります

2.貯金の期間と目標額を決める

貯金の期間と目標額を決める

節約貯金の目的が決まったあとは、貯金の期間と目標額を決めましょう。たとえば、「住宅購入の頭金のために2年間で300万円を貯めたい」といった具合です。

なお、金額は決められても、貯金の期間をどれくらいに設定すればよいか分からない場合は、まず一ヶ月分の家計簿をつけてお金の出入りを把握し、そこから削れそうな出費を見つけて、次の一ヶ月で節約を意識した生活をしてみましょう。一ヶ月目と二ヶ月目の支出の差が、貯金のペースの目安になります。

3.家計簿を用意する

家計簿を用意する

節約貯金のために、ぜひ用意したいアイテムが家計簿です。細かい出費をつけるのが面倒くさい場合は、物を買ったときにレシート(クレジットカードで支払った場合はカード利用控え)をもらい、それをノートに貼り付けて、毎日のサイフの残高も一緒にメモしておくと良いでしょう。

家計簿をつける目的は、,金の出入りを把握すること、∪疚鹵金の効果を確認することです。また、毎日の買い物を記録し、週ごとに見返すだけでも「これは必要な買い物だったかな?」など、余分な出費に気づくことができます。

お金の出入りを記録することに慣れたら、毎月の生活費をチェックし、削れそうな出費がないかを探してみましょう。また、銀行口座の残高(貯蓄用口座、給与振込口座、引き落し口座それぞれ)を記入して、節約貯金の効果を確認すると、モチベーションアップに役立ちます。

4.夫婦のサイフを一つにする。もしくは、定期的にお互いの貯蓄を報告しあう

夫婦のサイフを一つにする

共働き・専業主婦を問わず、夫婦のサイフは一つにまとめたほうが、お金は貯まりやすくなります
もっとも一般的なスタイルは、夫婦のどちらかが家計を管理し、月々の生活費や貯金、夫婦の小遣いなどを振り分けていく方法です。

また、妻が働いていて収入がある場合は、妻の月収をそのまま貯金し、夫の収入だけで家計をやりくりする方法もおすすめです。この方法をとれば、最低でも妻の年収分を貯金として確保できるうえ、出産・育児などで妻が仕事を辞めたときも、今まで通り夫の収入で生活を成り立たせることができます。

反対に、共働き家庭で夫と妻がそれぞれにサイフを持ち、生活費を二人で出し合っている場合は、若干の注意が必要です。このケースでは、サイフ一つで家計を管理している世帯よりも金銭の出入りが複雑になるため、夫婦間で定期的にお互いの貯蓄状況を報告しあうなど、情報を公開する必要があります。

5.貯金を預ける銀行を決める(金利、手数料、使いやすさをチェック)

貯金を預ける銀行を決める

最後に、節約貯金で心がけたいのが銀行の選び方です。貯まったお金は少しでも金利の高い銀行へ預けるほうが、そのぶん資産を増やすことができます。また、すぐに使う予定がない場合は、普通預金よりも利率が高い定期預金で預けておきましょう。

預金におすすめなのは、都市銀行や地方銀行に比べて金利が有利なネット銀行です。大手都市銀行に比べて、普通預金で約2倍、定期預金で約5倍程度の金利がつくほか、オンラインで入金や出金・残高照会ができる、郵便局やコンビニのATMを利用できる、振込手数料が安い(もしくは無料)など、多くのメリットがあります。

ネット銀行と大手都市銀行の金利&手数料を比較(金利は2015年4月1日時点)
  ネットバンク 大手都市銀行
  住信SBIネット銀行 新生銀行 じぶん銀行 みずほ銀行
  住信SBIネット銀行 新生銀行 じぶん銀行 みずほ銀行
定期預金金利3カ月物
(100万円以上300万円未満・)

0.070%

0.025%
2週間満期預金…0.100%
0.400%(新規口座開設した人)
⇒auユーザーなら0.550%
オススメ!
0.025%
普通預金金利 0.100%
(※SBIハイブリッド預金)

0.010〜 0.030%

0.020% 0.020%
振込手数料 ・自行宛て・・・無料
・他行宛て・・・月3回まで無料オススメ!*4回目からは1回154円/税込
・自行宛て・・・無料
・他行宛て・・・月1〜10回無料*既定の回数を超えた場合103〜308円
・自行宛て/三菱東京UFJ銀行宛て・・・無料円
・他行宛て・・・
(3万円未満)174円/税込、
(3万円以上)278円/税込
・自行宛て・・・無料〜540円(税込)
・他行宛て・・・
(3万円未満)216〜648円/税込、
(3万円以上)432〜864円/税込
入出金 ゆうちょ銀行&郵便局ATM、セブン銀行ATM、イーネット・ローソンATM ゆうちょ銀行&郵便局ATM、セブン銀行ATM、全都市銀行(三菱東京UFJ・みずほ・三井住友・りそな・埼玉りそな)ATM、ほか 三菱東京UFJ銀行、セブン銀行のATM、コンビニATM(イーネットATM、ローソンATM)、ゆうちょ銀行のATM みずほ銀行ATM、提携銀行(要手数料)
  このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く

節約貯金、2つのポイント

貯金前の下準備ができたら、いよいよ、節約貯金のスタートです。
節約貯金で心がけておきたいポイントは、たった二つ。一つは、入ってきたお金を貯金すること、もう一つは、節約して浮いたお金を貯金することです。

1.入ってきたお金はまず貯金

入ってきたお金はまず貯金

もっとも簡単で確実な貯金とは、入ってきたお金をすぐに貯金用口座に移してしまう方法です。月々のやりくりで残ったお金を貯金にまわすのではなく、財形貯蓄などを利用して給料から天引きしたり、給料が振り込まれた時点で銀行の自動積み立てで引き落としてしまえば、うっかり使いすぎてしまう心配もありません。
また、年1〜2回のボーナスや、株・投資信託などの配当金、オークションや副業で得た収入など、固定給以外の臨時収入も、基本的にはなかったものとして貯蓄にまわすようにすれば、さらに目標達成を早めることができます。
クレジットカードのポイントを貯めて商品券などに交換した場合も、その相当額を貯金にまわすことで、クレジットカードの節約効果を実感することができるでしょう。

2.節約で浮いたお金もすかさず貯金

節約で浮いたお金も貯金

月々の貯蓄と平行して、毎日の節約で貯まったお金も貯金していくと、さらに貯金の速度を速めることができます。
たとえば、一週間の食費を一万円と決め、週末までに使った食費が9,200円だった場合、余った800円を貯金に回すようにします。他にも、昼食にお弁当を作っていった日には500円を貯金したり、飲み物を持参したら100円を貯金するなど、節約できた分を「ご褒美」のつもりで貯めていくことで、ゲーム感覚で楽しみながら貯金を続けることができるでしょう。
このような数百円単位の貯金は、いったん貯金箱などに入れておき、まとまった金額になった時点で銀行に預けなおすのがおすすめです。

節約貯金で知っておきたい買い物のコツ 〜クレジットカードとポイントの罠〜

買い物の際に、クレジットカードやポイントカードを活用している方は多いのではないでしょうか。
節約には欠かせないこれらのアイテムですが、少し使い方を間違えると、お得と思っていたシステムがあだとなり、結果的に損をしてしまう場合があります。

クレジットカードは「ポイント目当ての買い足し」に注意!

クレジットカードは「ポイントめあての買い足し」に注意

たとえば、1,000円で1ポイントが付くクレジットカードで950円の品物を買う場合、あと少しでポイントが付くからと、お菓子や文房具など、50円程度のものを買い足した経験はないでしょうか。
クレジットカードのポイント還元率は、高いものでも1.8%前後。つまり、1,000円の買い物をカード払いにしてお得になる金額は、多くても18円です。18円のお得のために、50円の買い物をするのでは、お得なはずのポイントシステムが、かえって支出を増やす原因となってしまいます。
クレジットカードでかしこい買い物するには、ポイントもさることながら、特定の日や特定のお店で割引が受けられるカードに注目すると良いでしょう。
たとえば、イオングループが発行するイオンカードは、毎月20日・30日にイオン系列のショップでの買い物が5%OFFになります。他にも、毎月第3日曜日にイトーヨーカドーとエスパの衣料品・住まいの品が5%OFFになるセブンカード・プラスルミネでの買い物が常時5%OFF(年数回10%OFF)になるルミネカードなどが、割引特典のあるクレジットカードとして有名です。

買い物がお得になるクレジットカード
  イオンカード セブンカード・プラス ルミネカード
  イオンカード セブンカード・プラス ルミネカード
年会費 無料 500円(税込)
*初年度無料(年間5万円以上のカード利用で次年度も無料)
953円(税抜)
*初年度無料
特徴 毎月20日・30日はイオン系列店(ジャスコ・サティ・ビブレ等)のショッピングが5%OFF。5日・15日・25日は通常200円につき1ポイント貯まる「ときめきポイント」が200円につき2ポイントに。貯めたポイントは1,000ポイントから1,000円分のイオン商品券に交換可能 毎月第3日曜日はイトーヨーカドーとエスパで衣料品・住まいの品が5%OFF。ポイントはカード利用200円につき1ポイント(系列店では100円につき1.5ポイント)。貯めたポイントは1ポイント1円換算で電子マネーnanacoに振り替えられる。新規入会でもれなく1,000ポイントをプレゼント!さらにサービス登録で合計1,500ポイント獲得! ルミネでのショッピングや食事が常時5%OFFになるほか、年に数回10%OFFも実施。カード利用1,000円につき2ポイント(JRの定期券購入やSuicaチャージはポイント3倍)。貯めたポイントは650ポイントで2,000円分のルミネ商品券に交換できる
  このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く

ポイントカードは作るショップを厳選。楽天・Yahoo!・Amazonなどでのポイント統合もおすすめ

ポイントカードは作るショップを厳選

また、ショップが発行するポイントカードも、使い方に若干のコツが必要です。頻繁に利用しないお店のポイントカードや有効期限があるポイントカードは、サイフの中で邪魔になったり、かえって消費をあおるなどマイナスの要因となるため、日常使いのお店(スーパーやドラッグストアなど)以外のものは、極力作らないようにし、シンプルな買い物方法を心がけましょう。

なお、ポイントを活用する手段としておすすめなのは、楽天市場Yahoo!ショッピングAmazonといったネットのショッピングモールです。一つのサイトに服や雑貨・家具・家電などあらゆる品物がそろっているため、ショッピングのポイントを一つにまとめることが可能になります。
これらのサイトを頻繁に使う場合は、楽天カードYahoo!カードのようなショッピングモール提携のクレジットカードを作っておくと、ポイント率アップやショッピング保険、入会時のボーナスポイントなど、多くの特典を受けることができます。

ネットショッピングモールをお得に使えるクレジットカード
  楽天カード VIASOカード Yahoo!カード
  楽天カード VIASOカード Yahoo!カード
年会費 無料 無料 無料
特徴 楽天KC発行のクレジットカード。カード利用100円につき1ポイント。楽天市場で利用するとポイント2倍、毎週金曜日はポイント3倍、ENEOS等加盟店での利用でも最大3倍。貯めたポイントは1ポイント1円で楽天市場でのショッピングに利用可。現在、新規入会&カード利用で5,000ポイントをプレゼント! UFJニコスカード発行のクレジットカード。カード利用1,000円につき5ポイント。オンラインのVIASOeショップ経由でカードを利用すると、通常ポイントに加えて楽天市場で購入額の1%、Yahoo!ショッピングで2%のポイントがもらえる。さらにプロバイダ料金や携帯料金の支払いでもポイント2倍 ヤフーが発行するクレジットカード。カード利用100円につき1ポイント。Yahoo!ショッピング加盟店での利用でポイント2倍。貯まったポイントは1ポイント1円でYahoo!ショピンングやYahoo!公金払いに利用できる。カード購入した商品の事故損害を最大200万円まで補償するショッピング保険が付帯
  このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く

まとめ

まとめ

「節約貯金」いかがでしたでしょうか。5つの下準備と、2つの貯金のポイント、さらにちょっとした買い物のコツを押さえることで、節約しつつスムーズにお金を貯めることができるようになります。
貯金に必要なのは家計のお金の流れをコントロールし、毎日の小さな節約を積み重ねていくこと
家族間で夢を共有してアイデアを出し合ったり、一人暮らしでも節約の目的をはっきり持つことで、遠いと思っていた目標額にも必ずたどり着くことができるでしょう。

ストレスなく節約貯金をしていくためにも、できるだけ手間をかけずにお金が貯まる「貯金環境づくり」と、節約への創意工夫を大切にしましょう。

節約に役立つランキング

節約方法ランキング
節約方法ランキング 詳しく見る
1 クレジットカード
を活用
ポイント還元が付いて、現金払いよりも断然お得
2 保険を見直す 重複している保障内容を見直せば、年間で驚くほどの節約に
2 お得なキャンペーン(セール)を活用 情報をしっかり見極めれば大きな節約に!
4 ネットバンクを活用 預金金利は大手銀行の2倍。手数料も安価なネット銀行を節約に活用しよう
4 交通費・ガソリン代を節約 高騰するガソリンを安くするための裏ワザ節約方法が満載
クレジットカードランキング
節約クレジットカード 詳しく見る
1 ライフカード 年会費無料。入会から1年間はポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍
1 ANAアメリカン・エキスプレス・カード マイル還元率1.0%。入会とカード利用で大量のマイルがゲットできるキャンペーンを実施中。
3 楽天カード 年会費無料。基本ポイント還元率1%+楽天の買い物&提携店利用でポイント2倍〜3倍!ショッピング保険も付帯
3 JCB EIT 年会費無料。基本ポイント還元率1.0%。旅行障害保険・ショッピング保険が充実
5 セブンカード・プラス 通常利用で0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%のポイント還元。年会費初年度無料

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活