家計節約のエッセンス。チェックしたい保険節約を紹介

節約生活

節約生活

家計節約。保険などの支出を削減

ホーム家計節約のエッセンス

家計節約のエッセンス -住宅ローン・保険を節約-

家計節約のエッセンス
 
現在地家計節約のエッセンス -住宅ローン・保険を節約-
2変動費の節約-カードの活用と貯金のコツ-
節約方法ランキング
節約クレジットカード
保険見直し講座
基礎からの住宅ローン講座

 家計と節約

家計と節約

家計のためにがんばって節約していても、「思ったほど効果があがらない…」と感じたことはないでしょうか。

「外食や高価な買い物を控えているのにお金が残らない」、「家と車のローンを払ったあとは貯蓄にまわすお金がない」など、月末に家計簿や銀行口座を見て、ため息をついた経験のある方も多いでしょう。

節約の一番の焦点は「出ていくお金(=支出)をいかにして減らすか」ということです。

もしも、家計の支出のコントロールがうまくいっていないと感じるようであれば、自分が実践している節約方法と実際の支出の間にズレがないかどうかをチェックしてみましょう。そこに、意外な節約のヒントが隠されている場合があります。

家計の支出、どこを削る?

家計の支出、どこを削る?

家計の節約を考える時、最初に行なうと良いのは、「家計に占める割合が大きい支出」や「減らす余地のある支出」を見つけることです。

たとえば、月々の食費に3万円、生命保険や自動車保険などの保険料に月6万円を払っている家庭であれば、見直す余地があるのは、食費よりも保険料のほうと言えるでしょう。

3万円の食費を節約して減らすよりも、それぞれの保険を調べて保障内容の重複した部分を解約したり、保険料の安い保険に切り替えるなどして6万円を削減したほうが、少しの手間で大きな節約効果を得ることができます。

このように、それぞれの支出が家計に占める割合や「どの支出に削減の余地があるか」を考えながら節約を行なうことで、やみくもに出費を減らすよりも効果的な節約ができるようになります。

家計節約のために、まずは「支出の種類」、「それぞれの支出の節約ポイント」を知ることから始めましょう。

 把握しておきたい支出の種類 〜固定費と変動費〜

支出には、家賃や保険のように毎月一定の金額が出ていくものと、食費や水道代・光熱費のように、月や季節によって支払う金額に差が出るものがあります。

前者の定期的な支出は「固定費」、後者の変わりやすい支出は「変動費」と呼ばれます。

支出の種類
固定費 家賃・ローン返済・保険料・教育費・固定電話代・プロバイダ料金など
変動費 食費・水道代・光熱費・携帯電話代・ガソリン代・交際費・医療費など

 固定費の節約方法

固定費の節約方法

一般に、「固定費」は長期間継続して支払うタイプの支出が多く、一度金額が決定すると支払額の変更がむずかしくなります

 そこで、新しい住宅ローンや保険を検討する場合は、住宅ローンであれば「金利や手数料の低いものを選ぶ」、保険であれば「必要な保障のみをかけて余分な保険料をカットする」といった具合に、少しでも出費を少なくする工夫が必要です。

また、長期間・定期的に発生する「固定費」は、見直しによる節約効果が大きいことも特徴の一つです。

たとえば、住宅ローンを金利の低い銀行で借り換えると、トータルの支払額を数百万円、自動車保険をネット通販型の安いものに変えると、年間十数万円など、上手に見直すことで大幅に支出を削減できる場合があります

家計の中で、このような「固定費」の支出が大きな割合を占めている場合は、削ることのできる部分がないかどうか、一度検討してみると良いでしょう。

1.保険料(生命保険・医療保険・自動車保険など)
多くの家庭は、生命保険・医療保険・自動車保険といった複数の保険に加入しています。1世帯あたりの平均的な保険料は、月額2万5,000円。最終的は総支払額は、約1,250万円にもおよびます。
これらの保険料を節約するには、^造な欷韻鬟船Д奪する、∧歉稙睛討魍稜Г垢襦↓D蟯的に保険を見直すという3つのポイントが欠かせません。
最近は、代理店を通さない「ネット直販型」の保険の人気が高まっています。メインの販売経路をインターネットに置くことで、人件費や広告費を抑え、安価な保険料を実現させているのが、ネット直販型保険の特徴です。
加入の際は、保障内容(必要な保障を備えているかどうか)の確認も行なったうえで、保険料の安いこれらの保険をうまく活用すると良いでしょう。
また、保険は家族構成やライフスタイルの変化によって必要な保障が変化します。いったん加入した保険でも、定期的に見直すことで、保障内容の過不足や保険料の払いすぎを防ぐことができます
2.住居費(家賃、住宅ローン、設備費など)
家賃や住宅ローン、駐車場代などの設備費も、長期の継続的な支払いが発生する「固定費」です。
平均的な家庭で住居費が家計に占める割合は、支出の約2割〜3割。保険料と同等、あるいはそれ以上に見直しによる節約効果が大きい項目です。
●住宅ローンの節約
住宅ローンは、金利の低い銀行へ「借り換え」を行なうことで、月々の返済額を減らせる場合があります。
08年10月の政策金利の引き下げを受けて、いくつかの銀行では、すでに住宅ローン金利の引き下げが始まっています。低金利の住宅ローンを見つけた場合は、現在組んでいるローンの残りの返済期間・総支払額を調べ、借り替えた場合の総支払額と比較してみましょう。
借り換え先の銀行の窓口やホームページでは、返済額のシミュレーションを行なうこともできます。
尚、住宅ローンの借り換えでは、新規借り入れと同様の審査や事務手数料が発生します。また、同じ金融機関では借り換えができないなど、いくつか制約がある点にも注意をしましょう。
●賃貸住宅の節約
賃貸の場合は、家賃の安い物件に引っ越すことで住居費の節約をはかる方法があります。ただし、転居は引越し費用や前家賃・敷金礼金など、さまざまな初期費用がかかります。
引越し費用は移動距離と季節によって価格が変動し、家賃・敷金・礼金は、賃貸需要の多い春などは高めに、需要の少ない時期は安めに設定されます。
住居費節約のための引越しでは、これらの節約ポイントを押さえたうえで、「敷金礼金の少ない物件を選ぶ」「移動距離の短くすむ近場で、今より安い賃貸を探す」など、あらかじめいくつかの条件をもうけ、コスト回収にかかる期間や節約効果の算出を行なうと良いでしょう。
●住宅を購入する時は?
尚、賃貸をやめて住宅を購入する場合は、住宅ローン選びがポイントになります。住宅は人生でもっとも大きな買い物であり、住宅ローンの組み方ひとつで支払額に数百万円の差が出ます。各金融機関の金利・手数料等を充分に比較して少しでも有利な条件で組みましょう。
3.情報通信費(固定電話、プロバイダ料金、新聞代など)
固定電話代、インターネットプロバイダ料金、新聞代なども、多くの家庭で発生する固定費支出です。
固定電話の場合は、電話会社が行なっている独自の割引サービスをチェックしましょう。たとえばNTTでは、電話料金を未使用テレホンカードで支払うことができるほか、通話記録をWeb明細に切り替えると請求額から割引されるサービス等を行なっています。
また、IP電話や光電話などのインターネットと一体型の固定電話を選べば、契約料・通話料ともに節約できる場合があります。IP電話同士は通話が無料になるなど利点も多く、また最近は、映像をやりとりできるSkypeのようなテレビ電話型も普及しています。
新聞代は、年払いをすることで購読料が割引になるほか、朝刊のみ購読して夕刊はネットニュースですませるといった方法で節約することも可能です。
4.教育費(学費、給食費、学習塾費用、習い事)
子供の学費や給食費、趣味の習い事といった教育費も固定費支出の一つに数えられます。
特に子供の教育費については、学費や給食費のように削ることのできない支出も発生するため、固定費の中でも節約のむずかしい部分と言えるでしょう。
教育費は、子供が生まれるまでにどれだけ貯められるかがポイントになります。教育費分の貯蓄を確保するために、学資保険を活用するなどして、早めの資金準備を行ないましょう。
教育費の節約
尚、教育費の中で節約の余地があるものは、学習塾の費用・習い事の月謝・大学生への仕送りなどです。
子供の望みは極力かなえてあげたいという思いから、なかなか減らすことがむずかしいとされる部分ですが、家計への圧迫があまりに大きい場合は、将来のことも考えて子供と話し合い、習い事を減らすなど、なんらかの対策をとりましょう。

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活