保険見直し講座、生命保険,自動車保険を比較しよう

節約生活

節約生活

日本の多くの家庭で、保険を見直す必要有り

ホーム記事一覧保険見直し講座

保険見直しのススメ
保険見直し講座
 保険大国日本の実情

 日本の世帯当りの生命保険普及率は約90%と、世界的に見ても非常に高い水準にあります。しかし、これほど保険が普及しているにも関わらず、日本の家庭における保険の知識は先進国の中でも最低レベルと言われています。
  この事実は、(財)生命保険文化センターが実施している生命保険に関する実態調査で、保障内容に満足していない人が4割以上、万一の場合の経済的な備えとして不安を感じている人が7割以上という数値が出ていることからも明らかです。

 つまり、多くの人たちは保険に対する知識が不足している現状に、何らかの不安を抱えている状態にあるのです。

保険の保障内容への充足感 保険の家族への保障に対する安心感
平成18年度 生命保険に関する全国実態調査より(生命保険文化センター)
 保険は人生で2番目に高額なお買い物!

 上記の表を見ると、多くの人の保険の保障内容が不足しているかのように感じますが、実は必ずしもそうではありません。保険に不安を感じている人の中には、保障内容が重複していたり、過度の特約が付いていたりと本来、必要のない保障が付いた保険に加入しているケースが数多く存在しています。
  つまり、実は保険を見直すことで、保険料を節約できる方がたくさんいるのです。

 「保険の支払いなんて全部合わせてもたいしたことないから見直す手間が面倒」

と考える方もいらっしゃると思いますが、それは大きな間違いです。実は保険は人生の中で住宅の次に高額な買い物なのです。生命保険や自動車保険等の平均的な保険料は1ヶ月に換算すると2〜3万円程度ですが、生涯で考えると1,000〜1,500万円にもなります。

 保険の見直しは早ければ早いほど高い効果を期待でき、賢く見直せば生涯の保険料を数百万円スリム化することも可能です。多少手間はかかっても見直す価値は十分あると言えるでしょう。

人生の3大費用 費用 備考
住宅購入費用 3,216万円 マンション購入費用の平均(2003年度版住宅金融公庫「公庫融資利用者調査報告」より)
保険費用 1,250万円 平均的な保険料を月2.5万円と想定し、保険料を50年支払った場合
教育費用 1,149万円 幼稚園・大学は私立、小・中・高は公立に通った場合
※全て国公立の場合793万円(文部科学省「データから見る日本の教育2004」より)

 

 保険先進国アメリカではFP活用が一般的

 具体的な保険の見直し方法をお話しする前に、保険先進国アメリカの事例を見ていきたいと思います。日本よりはるかにお金や保険に対する教育が進んでいるアメリカでは、多くの家庭に資産運用、生活設計の専門家であるファイナンシャルプランナー(以下FP)がついています。日本では馴染みの薄いFPですが、アメリカではホームドクターや法律の専門家である顧問弁護士と並び、家庭の3大アドバイザーの一つと言われているのです。

 ここ数年、日本でも少しずつFPの重要性が認識されつつありますが、お金を払ってまで資産設計してもらうことに抵抗を持つ人や、効果について疑問を持つ人が多いというのが現状です。そこでいくつかの会社では、FPの効果を実感してもらうために無料で保険の見直し相談ができるサービスを行っています。

 資産設計のプロに無料で相談できる機会はあまりないので、保険の見直しを検討するなら利用してみる価値は十分あるでしょう。

サービス名 保険マンモス 生命保険どっとコム
費用 無料 無料
相談形式 FPによる無料訪問相談 FPによる無料訪問相談
無料相談受付対象 生命保険 生命保険
相談受付地域 全国 全国
特徴 ・完全に中立の立場から保険を解説。大手の保険であっても問題がある場合は厳しく指摘
・イエローカード制を導入し、万一訪問したFPに問題がある場合、すぐに対処
・しつこい勧誘は一切しない
・生命保険はもちろん医療保険、女性保険、学資保険、ガン保険、年金保険、シニア保険等の資料請求も可能
・保険料シミレーションや基礎知識等お役立ちコンテンツも
・全国から相談可能
・しつこい勧誘は一切しない

 

 保険に対する知識を深めよう!

 保険会社の外交員と異なり多くのFPは中立の立場から最適なプランをアドバイスしてくれる点が最大の魅力です。ただし、そのアドバイスが正しいかどうか判断するのは最終的には自分自身です。保険に対する知識を深め、その保険の善し悪しがわかるようになっておけば鬼に金棒!ぜひこの特集を活用して、その知識を身につけてください!

  第2回「生命保険の見直し その1」>>

 

 知ってトクする!節約生活編集部厳選のオススメ保険サイト と 自動車保険ランキング
節約生活編集部厳選
「オススメの保険お役立ちサイト」
ライフネット生命
インターネット専業の生命保険会社。実店舗を持たず、設備費・人件費をコストダウンすることで業界屈指の割安な保険料を提供。オンライン上で保険料の試算・加入申し込みを行なうことができる。コンタクトセンターとウェブサイトは、「HDI問合せ窓口格付け」2013-14連続受賞。
アクサダイレクト生命
保険ブランド8年連続世界No.1のアクサグループの生命保険会社。申込みをネットのみとすることで業界最低水準の保険料を実現。保障も充実したアクサダイレクトの定期保険、アクサダイレクトの終身医療が話題に。※インターブランド社Best Global Brands 2009〜2016より
保険市場
日本最大級の保険比較サイト。参加27社103商品の中から生命保険や医療保険の資料を一括で請求可能。保険の見直しを検討する際は上手く活用したい。
自動車保険ランキング
SBI損保
走行距離で保険料が変化しないため、長距離ドライバーに有利。利用者からの評価は高く、週刊ダイヤモンドが実施する自動車保険の自動車保険料ランキングで5年連続1位を獲得している。
ソニー損保
走行距離に応じた保険料体系で、年間走行距離が1万kmに満たない人はかなり保険料が安くなる。安さだけでなく、手厚いロードサービスやサポートは、利用者からの満足度No.1。
セゾン自動車火災保険
年齢ごとの事故率が保険料に反映される『おとなの自動車保険』が人気。事故率が低い40代・50代の保険料が割安になるのが大きな魅力。
イーデザイン損保
東京海上グループの自動車保険。独自の保険料算出方法で保険料を低下価格化。今ならネットからの申込で10,000円割引

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活