家計を見直す簡単節約・中級&上級編。

節約生活

節約生活

家計を節約!見直しのポイント

ホーム記事一覧 > 簡単節約を始めよう!<中級・上級編>

簡単節約を始めよう!

 

簡単節約・中級編

日常生活の中で簡単にできる節約に慣れたら、少し手間のかかる節約にもチャレンジしてみましょう。
簡単節約・中級編は、生活の中で当たり前のように払っている毎月の支出をもう一度見直してみることがポイントです。

1.保険の見直し
2.電気代の見直し
3.携帯電話・固定電話の料金・プロバイダ料金の見直し
4.ガソリン代の見直し
5.食費の見直し

1.保険の見直し

保険の見直し

自動車保険、生命保険、医療保険など、家計の中で保険料の支出が占める割合は決して小さくありません。保険は、場合によっては数十年間、払い続けるものもあり、仮に、1ヶ月の保険料を5,000円減らすことができれば、1年間で6万円、10年間で60万円ものお金を浮かすことのできる節約ポイントです。

ただし、保障(補償)の内容が複雑な商品も多いため、現在入っている保険や、これから加入する保険の内容をすべて把握することは容易ではありません。

そこで、保険料を簡単に節約したい場合は、(欸鯀蠱魅汽ぅ箸飽様蠅掘中立の立場から自分に合った保険商品を勧めもらう、内容が理解しやすいシンプルな保険を選ぶ、などの方法がおすすめです。

保健相談サイトの場合は、サイト経由でファイナンシャルプランナーに相談を依頼することができ、現在の収入や支出、将来のライフプランなどを参考に、おすすめの保険商品を提案してもらうことができます。

一方、自分で保険を決める場合は、シンプルな保険を選ぶことで、それぞれの保険の内容を把握しやすく、次回の見直しの際にもスムーズな保険の切り替えが可能となるでしょう。
特に、インターネット専業のネット保険や、代理店を通さない通販型の保険は保険料も安く、はっきりと必要な保障が決まっている場合は有力な選択肢となります。

生命保険の選び方医療保険の選び方自動車保険を見直す

おすすめのネット保険会社
  ライフネット生命 アクサダイレクト生命(旧:ネクスティア生命)
  ライフネット生命 アクサダイレクト生命
特徴 インターネット専業の生命保険会社。生命保険と医療保険の計2種類を取り扱っており、保険料の安さは数あるネット保険の中でもトップクラス。「安くて分かりやすい保険」をコンセプトに、サイト上では保険のしくみや選び方・自社業績等を公開しており明朗な経営方針に人気が高い アクサジャパン、ソフトバンク出資によるインターネット専業の保険会社。2種類の生命保険と1種類の医療保険を取り扱っており、ライフネットと同様、安価な保険料を誇る。サイト上で条件を入力し、保険料をシミュレーションすることができる
保険の種類
  このサイトに行く このサイトに行く

2.電気代の見直し

電気代の見直し

保険の次に見直したいのが月々の電気代。簡単に節約できる方法としては、契約しているアンペア数を見直したり、夜間の電気代が安くなる「夜間割引」などを活用するのがおすすめです。

電気代の節約

また、家電製品を省エネタイプのものに買い換えたり、生活を朝型に変更することで夜間の消費電力を節約するなども、電気代節約の簡単な方法と言えるでしょう。

3.携帯電話・固定電話の料金・プロバイダ料金の見直し

携帯電話・固定電話の料金・プロバイダ料金の見直し

電気代とともに見直しをしたいのが、携帯電話や固定電話の料金プランと、インターネットプロバイダの料金です。
携帯電話では、通話頻度やメールの利用頻度を確認して、適切なプランに加入しているかどうかをチェックしたり、家族割などの割引が適用できないかどうかを確認してみましょう。また、通話料が安いキャリアへの乗り換えなどもおすすめです。
固定電話では、インターネット回線を利用したIP電話に変更すると、インターネットとのW契約で割引を受けられたり、同一プロバイダや提携プロバイダのIP電話間で通話が無料になるなど、利点が多くおすすめです。

「通信費の節約」 記事一覧

4.ガソリン代の見直し

ガソリン代の見直し

車を頻繁に利用する家庭では、ガソリン代や駐車場代、車検費用など車関係の出費も無視できません。
ガソリン代をもっとも簡単に節約する方法としては、石油会社などが発行するガソリンカードの利用がおすすめです。ガソリン代をクレジットカードで支払うだけで、リッター数円の値引きを受けられるほか、月々のカード利用状況によっては値引率がアップする場合もあります。
また、「車から不要な荷物を降ろす」「アイドリングストップの実施」など燃費の良い運転方法を心がけてもよいでしょう。
日ごろからほとんど車を利用しない家庭では、車の処分を検討してもよいかもしれません。

ガソリン代節約方法ランキング…みんなはどうやって節約してる? ガソリン代の節約方法をまとめた口コミ情報。

おすすめのガソリンカード おすすめの車査定無料サービス
JCBドライバーズプラスカード ENEOSカード カーセンサー ズバット
JCBドライバーズプラスカード ENEOSカード カーセンサー ズバット
JCBが発行するガソリンカード。カード利用額に応じて、ガソリン代・高速道路料金が最大30%キャッシュバック。海外ショッピングガード保険も付帯しており、海外での事故・病気も無料で相談可能。車によく乗るユーザーは要チェック。初年度年会費無料(2年目以降1,250円/税別) 新日本石油とUFJニコスが提携・発行するガソリンカード。ロードサービスが付帯しており、10kmまでのレッカー移動、30分までの路上修理は無料。ENEOSのSSで利用すると2円/L引、軽油1円/引になる。初年度は年会費無料(2年目以降も年1回以上利用があれば無料) リクルートの車情報誌「カーセンサー」が運営する車買取・無料査定サービス。提携会社に一括で査定を依頼することが可能。出張査定やメール連絡可の査定会社を検索でき、利便性が高い。ユーザー満足度が高く、高額査定を期待できる車買取・無料査定サービスの一つ ウェブクルーが運営する車買取・無料査定サービス。150社以上の参加査定会社の中から最大10社に一括査定が依頼できる。「車買取業者の選び方」「愛車の乗り替え・売却 何でも相談室」などコンテンツが充実している。毎月ペースで新着記事が更新されるのも見逃せない
このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く

5.食費の見直し

食費の見直し

簡単節約・中級編の最後は、日々の食費の見直しです。たとえば、昼食や飲み物を買うことやめて、お弁当を作ったり、水筒に入れたお茶を持参すれば、お弁当代+飲み物代の費用を大幅に減らすことができます。
また、食品をまとめ買いして冷凍保存する、簡単な食材で作れるレシピをストックするなどの方法もおすすめです。
食費の節約は、多少の手間と時間はかかるものの、節約効果が目に見えて出やすく、日常生活でもっとも創意工夫を凝らしやすい部分です。

食費の節約

簡単節約・上級編

中級編で生活中の節約ポイントを見直しできたら、簡単節約の達人を目指して、さらにワンランク上の節約にトライしてみましょう。
簡単節約・上級編は、家計の収支を分析して、将来のマネープランに活かしたり、投資を始めてみるといった、お金の知識そのものを増やす方法になります。

1.家計簿をつける
2.資産設計
3.住宅ローンの借り換え

1.家計簿をつける

保険の見直し

上級編の最初は、家計簿をつけて毎月の収入と支出を知ることです。特に支出の記録では、家賃やプロバイダ料金のように毎月決まったお金が出ていく「固定費」と、食費や電気代などのように、月ごとに差がある「流動費」をともに把握することで、家計の節約ポイントを簡単に見つけ出すことができます。
また、現在の貯金額や将来の貯金見込み額なども明確になってくるでしょう。

市販の家計簿や、パソコンで使える家計簿ソフトを使うのがおすすめですが、もしも面倒で続かない場合は、ノートにレシートを貼って支出のみ記録するなど、簡単な方法から始めてみましょう。

おすすめの家計簿
Superうきうき家計簿 Ver.4 貯金生活 chokin!家計簿
Superうきうき家計簿 Ver3 貯金生活 chokin!家計簿
Windows対応の家計簿ソフト。通常の家計記入に加えて、買物時のレシートを見ながら入力する「レシート入力」も可能。公共料金などの決まった支払いの自動記入、現金・預金口座・クレジットごとの管理もできる。WEB版の「うきうき家計簿いんたーねっと」とのデータ連動で他のパソコンや携帯からも記入可能 ベストセラー「年収200万円からの貯金生活宣言」の著者による一年間仕様の家計簿。使ったお金を「消費・浪費・投資」に分けて書きだすユニークな方式をとっているほか、収入の多い少ないに関わらずだれでも貯金体質になれる90日間の貯金プログラムが織り込まれている。2年分のはさみこみカレンダー付
このサイトに行く このサイトに行く

2.資産設計

資産設計

簡単節約・上級編の二つめは、現在の資産を把握して今後のライフプランを立てる「資産設計」です。将来の目標(住宅や車の購入など)や老後の計画などをもとに、必要な資金の額を割り出し、その金額を用意するために必要な資金の運用方法を考えてみましょう

たとえば、ライフプランのために必要な資金が、月々の積立では足りないようであれば、定期預金などの安全な方法で資産を築く一方で、資産の一部を株式投資やFXといったハイリスク・ハイリターンの方法で運用することを検討してみても良いでしょう。

投資を始める場合に気をつけたいのは、それぞれの投資商品のしくみや取引方法を事前にしっかり勉強して理解し、決して安易な気持ちでは始めないことです。

資産設計や投資は、それ自体を勉強することは、経済への理解を深めるなど、大いにプラスの効果があります。「老後のことまで気が回らない」「投資はリスクがあって怖い」と敬遠するのではなく、とりあえず興味を持ち、知識を蓄えてみるとよいでしょう。

「お金を増やす」 記事一覧

3.住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換え

簡単節約・上級編の最後は、住宅ローンを組んでいる家庭の借り換えについてです。
住宅ローンの借り替えは、おもに以下の2つのパターンのときに行なわれます。

|惨固定型住宅ローンの金利固定期間が終了し、翌年から金利が上がるとき
長期固定型住宅ローンを組んでいる場合で、国内経済状況等の変化によって借入時より大幅に住宅ローン金利が引き下げられたとき

金利が1%違うだけで、住宅ローンの総返済額は大幅に異なります。住宅ローンを組んでいる家庭では、借入時の金利と総返済額を調べ、ほかに有利な条件の住宅ローンが見つかった場合に借り換えられるよう、準備をしておくと良いでしょう。

基礎からの住宅ローン講座

節約に役立つランキング

節約方法ランキング
節約方法ランキング 詳しく見る
1 クレジットカード
を活用
ポイント還元が付いて、現金払いよりも断然お得
2 保険を見直す 重複している保障内容を見直せば、年間で驚くほどの節約に
2 お得なキャンペーン(セール)を活用 情報をしっかり見極めれば大きな節約に!
4 ネットバンクを活用 預金金利は大手銀行の2倍。手数料も安価なネット銀行を節約に活用しよう
4 交通費・ガソリン代を節約 高騰するガソリンを安くするための裏ワザ節約方法が満載
クレジットカードランキング
節約クレジットカード 詳しく見る
1 ライフカード 年会費無料。入会から1年間はポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍
1 ANAアメリカン・エキスプレス・カード マイル還元率1.0%。入会とカード利用で大量のマイルがゲットできるキャンペーンを実施中。
3 楽天カード 年会費無料。基本ポイント還元率1%+楽天の買い物&提携店利用でポイント2倍〜3倍!ショッピング保険も付帯
3 JCB EIT 年会費無料。基本ポイント還元率1.0%。旅行障害保険・ショッピング保険が充実
5 セブンカード・プラス 通常利用で0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%のポイント還元。年会費初年度無料

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活