固定電話料金の節約術。業者識別番号やWEB明細、テレホンカードでの電話料金支払いなど

節約生活

節約生活

固定電話の料金を節約する方法

ホーム記事一覧電話料金の節約

電話料金の節約 〜固定電話の料金節約〜

 携帯電話の普及にともない、自宅などの固定電話を使う機会は減ってきているものの、通話回数では、いまだ固定電話が過半数を占めています。
 携帯電話に比べて固定電話の料金は節約しにくいイメージがありますが、電話会社のサービスを利用し、料金支払いの方法などを工夫することで、かなり安く抑えることができます。

 インターネットに接続している世帯であれば、IP電話の導入で、IP電話同士の通話料を無料にすることも可能です。
 電話をよくかける方、長距離電話・国際電話を利用する方は、目的やライフスタイルにあわせた電話の利用法で、賢く電話料金を減らしていきましょう。

固定電話の料金節約

「Myビリング(@ビリング)」を利用しよう

NTT西日本Myビリング

 Myビリング(@ビリング)は、電話料金や通話記録などをWeb上で確認・ダウンロードできるサービスです。口座振替、またはクレジットカードで電話料金を支払っているNTT東日本の利用世帯を対象に、毎月の請求額から110円(税抜)が割引されます。
 紙資源の節約や郵送コスト削減の効果もありますので、積極的に利用してみましょう。

Myビリング(NTT西日本)@ビリング(NTT東日本)

テレホンカードで通話料を支払おう

 NTT(東日本・西日本)では、未使用のテレホンカードで電話料金を支払うことができます。
 1枚につき50円(税抜)の手数料で、営業所の窓口、あるいは郵送で受け付けています(ただし、郵送の場合は、送料+210円の配達記録郵便代が必要になります)。
テレホンカードで通話料を支払おう  自宅に使わないテレホンカードが余っている場合は、ぜひ活用しましょう。

磁気テレホンカードのこんな使い方(NTT西日本)(NTT東日本)

オプションは外そう

 固定電話の契約には、さまざまなオプションが付いています。明細書をチェックして、あまり使っていないオプションがあれば、外してしまうのも一つの手です。

キャッチホン 月額約300円、一年間で3,600円の節約
ナンバーディスプレイ 月額約400円、一年間で4,800円の節約

携帯電話にかける時は「業者識別番号」をつけよう

 固定電話から携帯電話へかける場合、相手の携帯電話番号の前に、専用の識別番号(業者識別番号)をつけると、通話料金が大幅に安くなります

携帯電話にかける時は業者識別番号をつけよう
おもな電話会社の業者識別番号
NTT東日本 0036 KDDI 0077
NTT西日本 0039 日本テレコム 0088
NTTコミュニケーションズ 0033    

 業者識別番号を付けた場合と、付けない場合の電話料金を比較してみましょう。
 電話料金が30〜60%も割引されていることがわかります(下表)。

    【NTT西日本】 (平日の昼間、3分間通話した場合)
通話先の携帯電話 「0039」を付けてダイヤル 「0039」を付けずにダイヤル(※)
NTT docomo(NTTドコモ) 51円(税込56.16円) 70円(税込75.6円)
au 54円(税込58.32円) 90円(税込97.2円)
SoftBank(ソフトバンク) 60円(税込64.8円) 120円(税込129.6円)
EMOBILE(イー・モバイル) 51円(税込56.16円) 108円(税込116.64円)
  ※着信先の携帯電話が各携帯電話事業者の営業区域に在圏する場合

(NTT西日本 サンキューダイヤル0039)

    【NTT東日本】(平日の昼間、3分間通話した場合)
通話先の携帯電話 「0036」を付けてダイヤル 「0036」を付けずにダイヤル(※)
NTT docomo(NTTドコモ) 48円(税込51.84円) 70円(税込75.6円)
au 52.5円(税込56.7円) 90円(税込97.2円)
SoftBank(ソフトバンク) 52.5円(税込56.7円) 120円(税込129.6円)
EMOBILE(イー・モバイル) 48円(税込51.84円) 108円(税込116.64円)
  ※着信先の携帯電話が各携帯電話事業者の営業区域に在圏する場合

(NTT東日本 0036通話サービス)

 識別番号サービスは、2分以内の通話では逆に割高になる場合があります。
 通話時間を考慮して、上手く使い分けるようにしましょう。

携帯電話から国際電話をかける場合、NTTコミュニケーションズの割引サービスを利用しよう

 携帯電話から国際電話をかける際は、NTTコミュニケーションが提供を開始したサムライモバイルへの登録がおすすめです。このサービスに登録すれば、1分43円という金額で日本〜アメリカ間の通話ができ、大変お得です。

節約に役立つランキング

節約方法ランキング
節約方法ランキング 詳しく見る
1 クレジットカード
を活用
ポイント還元が付いて、現金払いよりも断然お得
2 保険を見直す 重複している保障内容を見直せば、年間で驚くほどの節約に
2 お得なキャンペーン(セール)を活用 情報をしっかり見極めれば大きな節約に!
4 ネットバンクを活用 預金金利は大手銀行の2倍。手数料も安価なネット銀行を節約に活用しよう
4 交通費・ガソリン代を節約 高騰するガソリンを安くするための裏ワザ節約方法が満載
クレジットカードランキング
節約クレジットカード 詳しく見る
1 ライフカード 年会費無料。入会から1年間はポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍
1 ANAアメリカン・エキスプレス・カード マイル還元率1.0%。入会とカード利用で大量のマイルがゲットできるキャンペーンを実施中。
3 楽天カード 年会費無料。基本ポイント還元率1%+楽天の買い物&提携店利用でポイント2倍〜3倍!ショッピング保険も付帯
3 JCB EIT 年会費無料。基本ポイント還元率1.0%。旅行障害保険・ショッピング保険が充実
5 セブンカード・プラス 通常利用で0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%のポイント還元。年会費初年度無料

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活