DoComMo(ドコモ)、au、Softbank(ソフトバンク)の基本使用料、料金プラン、割引サービスを比較

節約生活

節約生活

料金プランと割引を利用して携帯代を節約

ホーム記事一覧携帯電話料金の節約

携帯電話料金の節約

 ビジネスからプライベートまで、携帯電話は、今や必要不可欠な生活の道具となっています。
 携帯電話料金節約の第一歩は、自分のライフスタイルや目的にあわせた料金プランを選ぶことからスタートします。
 様々な料金プランや割引サービスがあるのは知っているけれども利用していない、という方は、もしかすると余分な料金を払っているかもしれませんよ。

 携帯電話の料金プランと割引サービスは定期的に見直して、安くて楽しい携帯電話ライフを楽しみましょう。

携帯電話の料金を節約しよう

料金プランの比較

 携帯電話は、「料金プラン」によって月々の基本使用料が異なります。「通話が多い」、「パケット通信が多い」、「パケット通信を使わない」など、それぞれのスタイルによって、選ぶべき料金プランが変わってきます。
 まずは、月々の通話時間やパケット通信の量に照らし合わせて、携帯会社と料金プランとを選びましょう。

【おもな携帯会社の料金プラン比較】

docomo(ドコモ) au
CDMA 1X WIN(関東:中部)
Softbank(ソフトバンク)
DoCoMo au Softbank
タイプSバリュー 基本
使用料
3,000円(税別) プランSシンプル 基本使用料 3,100円(税別) ホワイトプラン 基本使用料 934円(税抜)
無料
通話
2,000円分
(最大55分相当)
※30秒あたりの
通話料18円
無料通話 2,000円分
(最大62分相当)
※30秒あたりの
通話料16円
ソフトバンク携帯への通話:0円(1時〜21時)
ソフトバンク携帯へのメールし放題※21時〜1時の通話、他社携帯への通話は30秒あたり21円(税込)
タイプMバリュー 基本
使用料
5,000円(税別) プランMシンプル 基本使用料 5,000円(税別)
無料
通話
4,000円分
(最大142分相当)
※30秒あたりの
通話料14円
無料通話 4,050円分
(最大144分相当)
※30秒あたりの
通話料14円
タイプLバリュー 基本
使用料
8,000円(税別) プランLシンプル 基本使用料 7,900円(税別)
無料
通話
6,000円分
(最大300分相当)
※30秒あたりの
通話料10円
無料通話 6,300円分
(最大262分相当)
※30秒あたりの
通話料12円
このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く

割引サービスの比較

 料金プランを選んだあとは、お目当ての携帯会社の割引サービスもチェックをしておきましょう。各社さまざまな割引サービスを導入していますので、上手に組み合わせれば大幅な節約効果が期待できます。

【docomo(ドコモ)】
 注目の割引サービスは、2007年8月にスタートした「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」です。契約から2年間の継続使用で、家族全員、あるいは一人の場合も基本使用料が半額になります。
 長期にわたってドコモを使い続ける場合は、かなりお得と言えるでしょう。

(新)いちねん割引 基本使用料が10〜25%OFF
ファミリー割引 基本使用料が25%OFF
家族内の携帯電話同士の通話料を30%OFF
家族内のiモードメール無料
指定した一般電話への通話料を10%OFF
余った無料通話は2ヶ月繰り越して家族で分け合うことができる
ファミ割★MAX50 2年間の継続契約で、家族みんないきなり基本使用料が半額
ひとりでも割★50 2年間の継続契約で、ひとりでもいきなり基本使用料が半額

【au】
 ガク割や自宅割など使い勝手の良い割引サービスが揃っているau。特に2007年9月からスタートした「誰でも割」は、2年間継続利用契約で基本使用料が50%OFFとかなりの節約が可能です。

誰でも割 2年間継続利用契約で基本使用料が50%OFF
年割 年間契約で基本使用料が最大35%OFF
家族割 基本使用料が25%OFF
家族内の携帯電話同士の通話料を30%OFF
家族内のCメール無料
指定割 3件までの指定先への通話料が50%OFF ※有料:月額300円
ガク割 学生に限り基本使用料、通話料、Cメール送信料が50%OFF
自宅割 au電話から自宅への通話料が50%OFF

【ソフトバンク】
 注目の割引サービスは、社携帯への通話や夜間の通話も割安なる「Wホワイト」と家族間通話が24時間無料になる「ホワイト家族24」
 ソフトバンク同士の通話・メールが多い方に特におすすめです。

Wホワイト ホワイトプラン専用の割引サービス
ホワイトプランで無料にならない下記の通話が半額(30秒10.5円税込) ※月額980円
  ・ 21時〜1時のソフトバンク携帯への通話
  ・他社携帯への通話
ホワイト家族24 ホワイトプラン加入者から家族への通話が24時間無料 ※月額料金不要

パケット定額料金の比較

 携帯サイトの閲覧や、写真添付メールをよく利用する方は、意外にパケット通信料が多くかかっている場合があります。
 毎月の明細書をチェックして、パケット通信量が多いようであれば、パケット代が定額になる料金プランへの切り替えも検討してみましょう。

docomo(ドコモ) au
CDMA 1X WIN(関東:中部)
Softbank(ソフトバンク)
DoCoMo au Softbank
パケ・ホーダイダブル 372〜4,200円(税抜)
※1パケット0.021円
ダブル定額スーパーライト 372〜4,200円(税抜)
※1パケット0.1円
パケットし放題 980〜4,200円(税抜)
※1パケット0.1円

携帯電話料金がお得になるクレジットカードを利用しよう

 携帯電話料金は、支払い方法で節約することもできます。携帯電話利用者への割引サービスや特典が充実した携帯向けクレジットカードを利用すると、携帯電話の利用料金が最大で50〜60%キャッシュバックされます。料金プランや割引サービスと合わせて利用すると、さらに携帯電話料金を節約することができるでしょう。

NTTグループカード
NTTグループのNTTファイナンスが発行する年会費無料のクレジットカード。利用額に応じて割引率が決まり、特にドコモの携帯、OCNの利用料が最大で60%割引。OCNやドコモの利用者に特におすすめ。
このサイトに行く

携帯電話の利用方法を見直してみよう

 いまや携帯電話はビスネスでもプライベートでも必須アイテムです。それだけに多少の出費は仕方がないと考えている方も多いと思いますが、料金プランの見直しや、クレジットカードの活用、自分のライフスタイル合った割引サービスを活用するだけで、大幅な節約が可能です。

 他の携帯会社に乗り換える時も、料金プランや割引サービスは大きなチェックポイントになるはずです。各社のサービス内容をしっかりチェックして、自分に合った携帯電話を選ぶとリーズナブルに利用することができるでしょう。

 この機会に、もう一度、携帯電話の利用法と節約方法を考えてみてはいかがでしょうか。

節約に役立つランキング

節約方法ランキング
節約方法ランキング 詳しく見る
1 クレジットカード
を活用
ポイント還元が付いて、現金払いよりも断然お得
2 保険を見直す 重複している保障内容を見直せば、年間で驚くほどの節約に
2 お得なキャンペーン(セール)を活用 情報をしっかり見極めれば大きな節約に!
4 ネットバンクを活用 預金金利は大手銀行の2倍。手数料も安価なネット銀行を節約に活用しよう
4 交通費・ガソリン代を節約 高騰するガソリンを安くするための裏ワザ節約方法が満載
クレジットカードランキング
節約クレジットカード 詳しく見る
1 ライフカード 年会費無料。入会から1年間はポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍
1 ANAアメリカン・エキスプレス・カード マイル還元率1.0%。入会とカード利用で大量のマイルがゲットできるキャンペーンを実施中。
3 楽天カード 年会費無料。基本ポイント還元率1%+楽天の買い物&提携店利用でポイント2倍〜3倍!ショッピング保険も付帯
3 JCB EIT 年会費無料。基本ポイント還元率1.0%。旅行障害保険・ショッピング保険が充実
5 セブンカード・プラス 通常利用で0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%のポイント還元。年会費初年度無料

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活