基礎からの住宅ローン。「変動金利型」と「固定金利型」。新規に組むなら予算に合わせて選ぼう。

節約生活

節約生活

住宅ローンの種類と選び方

ホーム記事一覧住宅ローン講座

基礎からの住宅ローン

 家は「人生最大の買い物」と言われます。
 少なく見積もっても数百万〜数千万円のお金が必要になるため、全額を現金で購入するケースは、ほとんどないと言ってよいでしょう。
 そこで必要になるのが、住宅購入の費用を、その住宅を抵当にして金融機関から借り入れる「住宅ローン」です。

 住宅ローンは、銀行、民間、公庫などから多くの商品が出まわっていますが、返済期間や金利、手数料などに大きく違いがあるため、どの住宅ローンを選ぶかによって総返済額が数百万円単位で変わることも珍しくありません。
 大げさに言えばローンの組み方一つで、人生設計が大きく変わってしまうのです。だからこそ、住宅ローンは妥協をせず、自分のライフスタイルに合ったものを正しく選びましょう。

ゼロ金利政策解除!住宅ローン金利は今後上昇に

 2008年10月に端を発した世界同時不況の影響は住宅市場も例外ではなく、2008年10月〜2009年4月までの間、住宅ローンは歴史的な低金利で推移を続けました。しかし、ここにきて世界経済の各指標が少しずつ下げ止まってきていることから、金利にも下げ止まり感が出てきました

 実はこれまでの歴史を見ると、住宅ローン金利は景気の回復に先行して上昇に転じているのです。

 米国発の不況はまだ収束したわけではありませんので、現在は日本の金利も停滞していますが、問題の解決に目処が立てば、今後も金利は緩やかな上昇を続けると考えられます。住宅購入を考えている方は金利の動向から目を離さないようにしましょう。

おさえておきたい、住宅ローンの種類と選び方

住宅ローンには3種類

 住宅ローンは、変動金利固定金利固定金利選択型の3つのタイプに分けられます。
 各タイプの特徴やメリット・デメリットをしっかり覚えておきましょう。

  変動金利型 固定金利型 固定金利選択型
    全期間固定型 段階金利型  
特徴 ・年2回、金利が見直される
・金利が上昇しても借り入れから5年間は返済額が変わらない
※ただし元金と利息の内訳は変更される
・借り入れ時の金利が返済まで続く ・借り入れ時の金利が一定期間経過後、一度だけ上がる ・固定金利終了後、金利状況に応じて固定か変動かを選択する
メリット ・低金利の場合、当面の返済額を抑えられる
・金利が低下した場合、金利見直しによって返済額が減少する
・低金利時に借り入れた場合、金利が上昇しても不安はない
・常に返済額が一定なので返済計画を立てやすい
・全期間固定に比べて借り入れ時の金利が低い
・金利が上昇するのは一度だけなので返済計画を立てやすい
・固定金利型に比べて借り入れ時の金利が安いので借り入れ可能額が大きい
デメリット 金利上昇局面では返済する元金が増えることがある
・常に金利が変動するため返済計画が立てにくい
・金利低下局面で借り入れると高い金利を払わなければいけないことがある ・固定期間終了後、金利が上がっている場合は返済額が増える
・固定期間終了後、金利が下がっている場合は返済額は減るが、固定期間中高い金利を払っていたことになる

 

どの住宅ローンタイプがお得?

 住宅ローンは基本的には長い年月をかけて返済していくものですから、返済計画の立てやすい「長期固定型」で借り入れることが基本です。
 また、金利の上昇局面では、ローン返済額が増加するリスク(金利変動リスク)が高まるため、なおさら「長期固定型」での借り入れを検討したほうが良いと言えるでしょう。

 日本ではゼロ金利政策が長く続いたために、国民も低金利の状態に慣れつつありますが、現在、米国の金利は約4%、欧州も3.5%となっています。つまり、今後、日本の景気が良くなっていけば、金利は上昇する可能性が高いことを忘れてはいけません。

 ただし、短期間でローンを返済できる見込みがある場合は、「変動金利型」や「固定金利選択型」にも利点があります。短期返済が可能なケースでは、そのぶん金利変動リスクを抑えられるためです。
 もし、繰上げ返済などを活用し、10年程度で住宅ローンを返済できるようであれば、「変動金利型」や「固定金利選択型」を選択肢として考えてみるのも良いでしょう。

住宅ローン選びに役立つランキング

住宅ローンランキング(固定金利)
住宅ローン(固定金利) 詳しく見る
1位 住信SBIネット銀行住宅ローン 保証料、団信保険料、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性と、固定金利特約型の金利を大幅に優遇。
1 新生銀行
住宅ローン
固定期間は最大35年。繰上げ返済手数料、保証料、団体信用生命保険料が無料。金利も安い。
3 イオン銀行
住宅ローン
2014年2月現在、変動金利型の金利は0.77%、5年固定は1%、10年固定は1.25%という低金利を実現。
3位 ソニー銀行
住宅ローン
繰上げ返済手数料は無料で団信生命保険料、保証料も無料、金利も変動から固定に簡単に切り替えることができる等、利便性の高さが魅力。
4 三菱東京UFJ銀行
住宅ローン
固定期間は最大35年。10年固定は1.45%とネット専業ローンと比べても遜色のない低金利を実現している。
住宅ローンランキング(借り換え)
住宅ローン(借り換え) 詳しく見る
1位 住信SBIネット銀行住宅ローン フラット35を含む他の住宅ローンを大きく上回る低金利を実現。保証料、団体信用生命保険料、一部繰上げ返済手数料無料。
2位 新生銀行
住宅ローン
固定期間は最大で35年で借り換えにも対応。繰上げ返済手数料、保証料、団体信用生命保険料が無料
3位 ソニー銀行
住宅ローン
繰上げ返済手数料は無料で団信生命保険料、保証料も無料、金利も変動から固定に簡単に切り替えることができる等、利便性の高さが魅力。
4位 イオン銀行
住宅ローン
「全期間金利差し引きプラン」と「当初期間金利固定プラン」の2種類が用意されており、いずれも3年・5年・10年は特に金利が低い。
1 楽天銀行 フラット35 借り換え住宅ローン 住宅金融専門公庫と住宅ローン事業者が提携し、提供する住宅ローン商品。借り換えにも対応し、業界でもトップクラスの低金利が魅力

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活