電子マネーのポイント。あわせて使いたいカード

節約生活

節約生活

電子マネーのポイント。あわせて使いたいカード

ホーム買い物で節約 > 電子マネーで節約 2.電子マネー活用のポイント

電子マネー活用のポイント

皆さんは買い物の代金を何で支払っていますか。現金・クレジットカード・商品券、行きつけのお店のクーポン券があればそれで…という方もいるでしょう。
少しでもお得に買い物をするために、クレジットカードやクーポン券を利用する方は多いと思いますが、意外なお得が潜んでいるのが、Edy(エディ)やSuica(スイカ)、WAON(ワオン)、nanaco(ナナコ)といった「電子マネー」です。

レジや改札でスムーズに支払い・清算できることが電子マネーの大きなメリットですが、ほかにも電子マネーによる支払いでポイントを貯めることができ、割引を受けられるなど、節約の観点からも見逃せない利点がたくさんあります。

押さえておきたい電子マネー5選

※画像をクリックすると各電子マネーの解説に飛びます。
楽天Edy(エディ)Edy(エディ)
提携店
楽天、ANA、Amazon、am/pm、ファミリーマート、ビックエコー、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、マクドナルド他
発行体
楽天Edy
Suica(スイカ)Suica(スイカ)
提携店
JR旅客運賃、PASMO等提携電子マネーの利用可能エリア(一部対象外)、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、NEWDAYS、ビックカメラ他
発行体
JR東日本
WAON(ワオン)WAON(ワオン)
提携店
イオンモール、ジャスコ、サティ、マックスバリュ、ビブレ、ミニストップ他
発行体
イオンリテール
nanaco(ナナコ)nanaco(ナナコ)
提携店
セブンイレブン・デニーズ・イトーヨーカドー・西武、他セブン&アイグループ各店
発行体
セブン&アイホールディングス
iD(アイディ)iD(アイディー)
提携店
am/pm、ファミリーマート、ローソン、紀伊国屋書店、BOOKOFF、白木屋、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、サティ、ダイソー他
発行体
NTTドコモ
相性の良いクレジットカード
ライフカード
ライフカード
  • Edyチャージでポイントが貯まる
JALカードSuica
JALカードSuica
  • Suicaチャージ・定期券購入でポイントが貯まる!
イオンカード
(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)
  • カード利用で「ときめきポイント」が貯まる
セブンカード・プラス
セブンカード・プラス
  • カード利用で「nanacoポイント」が貯まる!
オリコ PremiumGold iDオリコ PremiumGold iD
  • iD搭載の格安ゴールドカード

3.WAON(ワオン)

WAON(ワオン)サービス&特徴
発行体 イオン
形式 プリペイド型
ポイント
-
「WAONポイント」提携店でのWAON利用200円(税込)ごとに1ポイント、100WAONポイントで100円分のWAONに交換
ポイント有効期限 最長2年間
発行手数料 ・WAONカード…300円(税込)
・イオンカード・イオンバンクカード・モバイルWAON…無料
おサイフケータイ NTTドコモ、au、ソフトバンク
おもな提携店 イオンモール、ジャスコ、サティ、マックスバリュ、ビブレ、ミニストップ他

WAON(ワオン)

WAON(ワオン)は、イオングループが発行するショッピング系電子マネーです。イオンモール、ジャスコ、サティ、マックスバリュといったイオン系列のショッピングセンターやスーパーで利用でき、WAONでの支払い200円につき1ポイントの「WAONポイント」がたまります。
 貯めたポイントは、100WAONポイント=100円分のWAONにチャージして利用できるほか、SuicaポイントやJALマイルなどの提携ポイントへの交換も可能です。

WAONの特徴はショッピングに関するサービスが充実している点です。毎月20日・30日にイオン系列店でWAONを利用すると、ショッピング代金が5%OFFになるほか、毎月の“5”の付く日(5日・15日・25日)はWAON利用でWAONポイントが2倍。また、イオンが発行する「イオンカード(WAON一体型)」や、イオンカード会員向けの「WAONカードプラス」を利用すると、クレジットカードからのチャージも可能になります。
 残念ながら、WAONでは、EdyやSuicaのようにクレジットカードからのチャージによるポイント加算はありませんが、イオン系列のスーパー等を頻繁に利用するようであれば、イオンカードのポイント(ときめきポイント)を貯めてWAONにチャージすることができ、またカード会員向けのキャンペーンや割引クーポンも利用できるため、WAONとカードを併用させた利用法がおすすめです。

WAON(ワオン)を利用する人は、このカードがお得!
イオンカード(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)
●カード利用で「ときめきポイント」が貯まる(1,000円で1ポイント。貯めたポイントはWAONに交換可能:200ポイント=WAON1,000円分)
●WAON利用で「WAONポイント」が貯まる(200円につき1WAONポイント)
●現金・およびクレジットカードでWAONにチャージ可能(※ポイントはつかない)
●年会費/無料
●毎月5日・15日・25日はWAON利用で「WAONポイント」が2倍
●毎月20日・30日はジャスコやサティ・ビブレで5%OFF

4.nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)サービス&特徴
発行体 セブン・カードサービス
形式 プリペイド型
ポイント 「nanacoポイント」…セブンイレブン、デニーズ、イトーヨーカドー&エスパ(食品売り場レジ)でのnanaco決済で100円につき1ポイント付与。1ポイント1円で利用可
ポイント有効期限 最長2年間(取得日の翌年度末まで)
発行手数料
-
・nanacoカード…300円(税込)
・nanacoモバイル…無料
おサイフケータイ NTTドコモ、au、Softbank、ディズニー・モバイル、WILLCOM、EMOBILE
各社端末ごとに対応・非対応機種あり 対応機種一覧
※iPhoneは非対応
おもな提携店 セブンイレブン・デニーズ・イトーヨーカドー・西武、他セブン&アイグループ各店

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下のアイワイ・カードサービスが発行するショッピング系電子マネーです。EdyやWAONと同じくプリペイド型で、系列店(セブンイレブン、デニーズ、イトーヨーカドー、西武)のショッピング代金をnanacoで支払うと、100円につき1ポイントの「nanacoポイント」が貯まります。

多くの電子マネーが200円につき1ポイントのポイント還元を行なっていることを考えると、nanacoのポイント還元率は約2倍と高く、また、セブンイレブンのお菓子やドリンクなど対象商品を購入することでボーナスポイントをゲットすることもできます。

貯めたnanacoポイントは、1ポイント1円換算で電子マネーnanacoにチャージして使うことができます。電子マネーnanacoは、セブンイレブン・デニーズ・イトーヨーカドー・そごう・西武などセブン&アイグループのお店で使用できるほか、公共料金の支払いにも利用できます。

nanaco(ナナコ)

また、セブンネットショッピングではそのまま1ポイント1円として買い物での利用が可能です。そのほか、提携先のANAマイルに500ポイント250マイル換算で交換することも可能と、利用範囲も広くなっています。

なお、nanacoを利用する際に注意しておきたいのは、セブン&アイ・グループ以外の加盟店でnanacoを使用してもnanacoポイントが加算されない点です。
 そのため近所にセブンイレブンやイトーヨーカドーがない場合は、そのメリットを充分に活用しづらいnanacoですが、反対に、これらのお店を日常的に利用する人にとっては、ポイント還元率も高く、お得度の高い電子マネーと言えます。

 ちなみに、nanacoポイントを効率よく貯める手段として、同社が発行する「セブンカード・プラス」を活用するのも有効な方法です。

セブンカード・プラスは同社の発行するクレジットカードですが、nanacoカードと紐づけることで、広い範囲で効率的にnanacoポイントを貯めることができます(nanaco紐付型)。また、カードを2枚以上持ちたくない場合、セブンカード・プラスにnanacoを組み込むこともできます(nanaco一体型)
セブンカード・プラスでクレジット支払をすると、セブン&アイグループ以外のお店でもnanacoポイントを貯めることができるため、nanacoポイントを貯める機会がグンと増えます。加えて、セブンイレブン・イトヨーカドー・デニーズの利用でも200円の支払で3ポイントと、ポイント加算率も1.5倍になるため、積極的にポイントを貯めるには有力な活用方法と言えます。

また、薬日本堂とジャックスが提携・発行している漢方スタイルクラブカードは、nanacoチャージでポイントを貯めることのできる数少ないカードの一つです。ポイント還元率も1.75%と非常に高く、現金でチャージするよりもお得であることは間違いありません。

nanaco(ナナコ)を利用する人は、このカードがお得!
セブンカード・プラス
セブンカード・プラス
●カード利用で「nanacoポイント」が貯まる(セブンイレブン、イトーヨーカドー・エスパ・ヨークマートでは200円につき3ポイント、加盟店以外は200円につき1ポイント。貯まったポイントは電子マネーnanacoに交換して1nanacoポイント=1円で使用可能)
●年会費/500円/税込(初年度無料)※年間5万円以上利用で次年度も無料
●クレジットカードからnanacoにチャージ可能(ポイントはつかない)
●セブン銀行の口座を支払口座に指定すると500円分のポイント付与
漢方スタイルクラブカード
セブンカード・プラス
クレジットカードからnanacoにチャージ可能。ポイントも付与
●年会費/1,500円+税(初年度無料)
●ポイント還元率は1.75%と、一般的なクレジットカードの3倍以上

5.iD(アイディー)

iD(アイディー)サービス&特徴
発行体 NTTドコモ
形式 ポストペイ型
ポイント 独自ポイントなし。登録するクレジットカードのポイントサービスを適用
ポイント有効期限 カード会社のポイント規定に準ずる
発行手数料
-
・携帯アプリ…無料(ただしiD対応クレジットカードが別途必要)
・クレジットカード一体型…カードに準じる
おサイフケータイ NTTドコモ
おもな提携店 am/pm、ファミリーマート、ローソン、紀伊国屋書店、BOOKOFF、白木屋、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、サティ、ダイソー他

iD(アイディー)

iD(アイディー)は、NTTドコモが発行するポストペイ型電子マネーです。チャージが不要で、利用した分の金額を後日引き落とす「後払い式」のため、利用にはiD対応型のクレジットカードが必要になります。

NTTドコモが開発に携わった電子マネーということもあり、iDは携帯電話に同時に2種類のクレジットカードを登録して、目的に応じたカードの使い分けができるなど、「おサイフケータイ」での利便性が高くなっています。また、登録クレジットカードの変更や、新しいカードの追加も携帯電話からの設定が可能です。

iDには、WAONやnanacoのように電子マネー支払いで付与される独自のポイントはありません(※)が、iDで支払った金額はクレジットカードのポイント対象となるため、たとえば数十円〜数百円というクレジットカードで決済しにくい少額の買い物をiDで支払うことによって、現金払いではつかないカードのポイントをゲットすることができます

なお、おサイフケータイの扱いに慣れない場合や、クレジットカードを使い分ける必要がない場合は、iD機能を搭載したクレジットカードでiD支払いをすれば、同様にクレジットカードのポイントを貯められます
 たとえば、カード利用100円につき1ドコモポイントが貯まる「DCMXカード」や、カード利用額に応じてポイント還元率が上がる「オリコ PremiumGold iD」、誕生日月のポイントが5倍になる「ライフカード」などのクレジットカードがiDに対応しているため、これらのカードでiDを上手に使えば、ポイントを効率よく貯めていくことができるでしょう。

※ドコモプレミアム会員の場合は、DCMXカードを登録したおサイフケータイでiD決済をすると、一部の特約店で、通常のドコモポイント(100円につき1ポイント)に加えて、さらに1〜3%(100円につき1〜3ポイント)のドコモポイントを貯めることができます。

iD(アイディー)を利用する人は、このカードがお得!
オリコ PremiumGold iD
オリコ PremiumGold iD
●カード利用で「スマイル」(=ポイント)が貯まる(1,000円につき2スマイル)
●年会費/1,950円(税込)
●最高で2%を超える業界最高水準のポイント還元率
●電気・ガス・携帯・ETC等の料金支払いはスマイル2倍

電子マネーのお得な活用法

1.クレジットカードとの併用でポイントゲット

クレジットカードとの併用でポイントゲット電子マネーをお得に使うために注目したいのが、各電子マネーが実施しているポイントサービスです。
 電子マネーのポイントサービスには、電子マネー独自のポイントが貯まるタイプ(Suica、WAON、nanaco等)と、提携企業や提携クレジットカードのポイントが貯まるタイプ(Edy、iD等)の2種類があります。

どちらのタイプの電子マネーも、効率よくポイントを貯めるには、クレジットカードと連携させた利用方法がおすすめです。
 たとえは、クレジットカードからのチャージでポイントが貯まるSuicaや、カード決済しづらい少額の買い物をカード利用額に上乗せできるiDなどは、クレジットカードと併用するメリットの大きい電子マネーと言えるでしょう。
なお、WAONはイオンカード、nanacoはアイワイカードと連携させることで、カードのポイントを電子マネーにチャージできるようになります。
 このように、電子マネーを利用する際には、その電子マネーと愛称の良いクレジットカードを選ぶと、お互いの利便性を高めることができるのです。

2.独自サービスに注目

独自サービスに注目電子マネーのメリットの一つに、多彩なキャンペーンや割引クーポン、専用サイトでのショッピング等によるポイント還元といった独自サービスがあります。現金やクレジットカードと比較して、まだ普及率が低い電子マネーでは、知名度を上げるために、各社キャンペーンに力を入れており、電子マネーを利用することで様々な特典を受けられます

楽天Edyの「楽天Edyもらえるモール」、WAONの割引デーのように常時利用可能なサービスもあれば、nanacoのボーナスポイントキャンペーンのように不定期で開催されるキャンペーンもあります。
 それぞれのサービス・キャンペーンは、各電子マネーのサイトで最新の情報を確認することができるので、電子マネーを利用する際は事前にチェックしておくと良いでしょう。

3.電子マネーで家計を管理

電子マネーは、利用履歴や残高をホームページ上や専用のチャージ機で確認できます
 スーパー・コンビニ等のちょっとした買い物でもこまめに記録が残せるため、家計簿のような使い方も可能です。

また、プリペイド型電子マネーの場合、チャージ額の上限が2万円〜5万円と低めに設定されていることもあり、あらかじめ決まった金額のみチャージして、「チャージ分以上は買わない」というルールを設ければ、使いすぎる心配も少なく、支出のコントロールに向いています

  利用履歴 残高確認 チャージ限度額
Edy ●パソコン(FeliCaポートもしくはパソリ=EdyViewerが必要)
●おサイフケータイ(Edyアプリ初期設定済み)
※最大6件の履歴確認が可能
●Edyチャージャー(入金機)
●加盟店レジ
●パソコン(FeliCaポートもしくはパソリ(EdyViewer)が必要)
●おサイフケータイ(Edyアプリ初期設定済み)
●5万円
(1回のチャージ最大額は2万5千円)
Suica ●  マークのある「自動券売機」と「カード発売機」
※最大20件の履歴確認が可能
※最大50件まで印字可能
同左 ●2万円
WAON ●WAONチャージャー(現金チャージ、クレジットチャージ)
●WAONステーション(クレジットチャージ)
●WAONホームページ
●イオン銀行ATM(現金チャージ、銀行チャージ)
●レシート
●加盟店レジ
●WAONチャージャー(現金チャージ、クレジットチャージ)
●WAONステーション(クレジットチャージ)
●イオン銀行ATM(現金チャージ、銀行チャージ)
●2万円
nanaco ●nanacoホームページ
●ケータイサイト
●nanacoモバイルアプリ
同左 ●3万円未満(29,999円)
iD ●登録クレジットカードの明細書 ●登録クレジットカードの限度額に準じる

4.電子マネーの相互利用 〜ポイント交換とマイル〜

最後に、電子マネーをもっとお得に使うために、複数の電子マネーをまとめて活用する方法について見てみましょう。 
 SuicaとPASMO、SuicaとICOCAのように相互利用ができる一部の電子マネーをのぞくと、多くの電子マネーでは、別の電子マネーとの互換性はありません。
 ただし、SuicaポイントとWAONポイントは、互いに交換可能なため、ふたつの電子マネーのポイントを一つにあわせることができます。

電子マネーの相互利用 〜ポイント交換とマイル〜

また、電子マネーとマイルの関係に着目しても良いでしょう。電子マネーの提携クレジットカードには、ANAやJALが発行する「ANAカード」「JALカード」等のマイレージカードがあります。
 これらのカードは、電子マネーやクレジットカードの利用でマイルが加算され、貯めたマイルを特典航空券等に引き換えたり、電子マネーにチャージしてキャッシュ化することができます。

また、互換性のない電子マネーのポイントを統一できることも、マイルの大きな魅力でしょう。たとえば、「ANAカード」はEdy支払いでマイルが貯まりますが、さらにポスト型電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」を搭載した「QUICPayカード」を追加発行できるため、EdyとQUICPay、ふたつの電子マネーでマイルを貯めることができるようになります。
 同じように、SuicaやWAONも、JALとの提携クレジットカード(「JALカードSuica」「JMB WAONカード」等)でJALのマイル(JMBマイル)を貯められます。
 さらに、Suicaの「ビューサンクスポイント」はJMBマイルへ交換可能 、WAONの場合は「JMB WAONカード」と「JALカード(VISA、Master、TOP&ClubQ)」とを併用させることで、WAONチャージのみでもJMBマイルをゲットできるようになります。

このようなマイルを貯められるクレジットカードの中には、カード入会やフライトでボーナスマイルが加算されるカードもあるため、帰省や旅行等で飛行機を利用する方は、電子マネーやクレジットカードのポイントをマイルに集中させる方法もおすすめです。

マイルを貯めるなら、このカードがお得!
ANA JCBカード
ANA JCBカード
●Edy支払いとカード利用で「ANAマイル」が貯まる(カード利用:100円につき1マイル、Edy利用200円につき1マイル。貯めたマイルはEdyに交換可能:10,000マイル→Edy10,000円分)
●年会費/2,000円/税別(初年度無料)
●ポストペイ型電子マネー「QUICPay」を搭載した「QUICPayカード」を追加発行できる(Edy・QUICPay・クレジットカードすべてでマイルを貯めることができる。セブンイレブンを含めたすべてのコンビニで利用)
JALカードSuica
JALカードSuica
●カード利用で「JMBマイル」が貯まる(200円につき1マイル)
●クレジットカードからのSuicaチャージ・定期券購入でビューサンクスポイントが貯まる(1,000円につき6ポイント)
●年会費/2,000円/税別(初年度無料)
●ビューサンクスポイント⇔JMBマイルの相互交換可能(600ポイント→500マイル。10,000マイル=10,000円分Suicaチャージ)
JMB WAONカード
ライフカード
●WAON利用で「JMBマイル」が貯まる(200円につき1マイル。貯めたマイルはWAONに交換可能:10,000マイル→WAON10,000円分)
●JALカード(VISA、Master、TOP&ClubQ)を使ってWAONにチャージするとマイルが貯まる(200円につき1マイル※「JALカードショッピングマイル・プレミアム」会員は100円につき1マイル)
●年会費/無料
●発行手数料/無料
●毎月5日・15日・25日はWAON利用でマイルが2倍
●毎月20日・30日はWAON利用で5%OFF
JALカード
(VISA、Master、TOP&ClubQ)
ライフカード
●WAON利用で「JMBマイル」が貯まる(200円につき1マイル。貯めたマイルはWAONに交換可能:10,000マイル→WAON10,000円分)
●JALカード(VISA、Master、TOP&ClubQ)を使ってWAONにチャージするとマイルが貯まる(200円につき1マイル※「JALカードショッピングマイル・プレミアム」会員は100円につき1マイル)
●年会費/2,000円(税別)※初年度無料
●発行手数料/無料
●毎月5日・15日・25日はWAON利用でマイルが2倍
●毎月20日・30日はWAON利用で5%OFF

関連ページ

【ランキング】
節約方法ランキング
【ランキング】
節約クレジットカード
【レジャーを節約】
マイルのしくみ 〜フライトでマイルを貯める〜

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活