電気代の節約、家電の待機電力をカットしよう

節約生活

節約生活

家電の待機電力をカットする方法

ホーム記事一覧電気代の節約

電気代の節約 〜待機電力をカットしよう〜

 電化製品やパソコンの普及により、家庭内の電力消費量は年々増加しています。
 毎日の生活に欠かせない電気ですが、ちょっとした気配りで簡単に節約をすることができます。環境のためにも、無駄な電気の使用を抑え、省エネルギーを心がけましょう。

待機電力をカットしよう

節電に便利なスイッチ付きOAタップ

 待機電力は、家庭の消費電力の7%以上を占めると言われています。
 特に消費電力が大きいのは、テレビ、オーディオ、パソコン、エアコン、DVDレコーダー(ビデオデッキ)など。
 使わない時はできるだけコンセントを抜いておくことが望ましいですが、使用のたびにコンセントを抜き挿しするのは面倒です。
 そこで、待機電力をカットできるスイッチ付きOAタップなどを利用し、その都度、タップのスイッチを切るようにすると、手軽に待機電力を抑えることができます。

 普段からあまり使わない部屋や、長期の旅行に出かける際は、ブレーカーを落としておくと、より確実です。
 また、最近は待機電力をカットする生活家電も増えていますので、買い換えの際にはチェックしてみましょう。

家電ごとの待機電力カット術

エアコン

 夏と冬に使用量が跳ね上がるエアコンは、とりわけ電力消費量の大きい家電です。
 エアコンは設定温度を1℃変えるだけで、約10%の節電ができます。また、フィルターにたまったゴミも余分な電力を消費しますので、エアコン内の清掃も大切です。
 旧式のエアコンはおおむね消費電力が大きく、最近の省エネエアコンに買い替えることで、消費電力がおよそ半分(年間2〜3万円の節約)になるケースもあります。買い換えの際には消費電力のチェックも忘れずに行ないましょう。

テレビ

 テレビは、画面のサイズや「明るさ」「濃度」の設定によって電力消費量が変わります。部屋の大きさ、照明の具合など、居住空間に合わせた製品を選ぶことが大切です。
 また、誰も見ていないテレビがつけっ放しになっているような場合は、気づいたときに消しましょう。
 テレビのつけっ放しは、無駄に電力を消費する原因となります。電源はリモコンで切るよりも、本体の電源を落とした方が無駄な待機電力がカットされます。

照明器具

 蛍光灯と白熱電球を比較すると、蛍光灯の方が単価は高いものの消費電力が少なく長持ちします。その分、取り換える手間も少なくなりますので全体的にコストが低く抑えられます。ただし、蛍光灯は頻繁につけ消しすると寿命が短くなりますので、トイレなどの出入りが多い場所は白熱灯の方が適します。
 最近増えている電球型蛍光灯は、消費電力は白熱電球の1/5、寿命はおよそ10倍と長く、省エネにも繋がると注目を集めています
 また、照明器具は掃除を忘れがちですが、カサの部分の埃を落とすだけで明るさが戻りますので、こまめに掃除をしましょう。

冷蔵庫

 冷蔵庫は、開閉するたびに電力を消費します。無駄な開閉は極力ひかえましょう。庫内に保冷カーテンを取りつけれると冷気が逃げにくくなります。設定温度は、夏場は「中」、冬場は「弱」程度で充分です。また、冷蔵庫本体が壁に密着していると放熱効果が低くなりますので、適度に間を取って設置します。
 なお、冷蔵室は中の食料品の量が多すぎると冷却効果が弱まります。余分な電力を消費する原因にもなりますので、冷蔵室には物を詰め込みすぎず、余裕を持って入れるようにしましょう。
 反対に、冷凍室は詰め込むほど冷却効果が高まりますので、隙間なく大量に物を入れることが節電につながります。
 最新の冷蔵庫は省エネタイプが多く、旧式のものと比べると数万円近くの節約になる場合もあります。冷蔵庫買い替えの際には、メーカーの省エネ基準も、あわせてチェックしてみましょう。

電子レンジ

 電子レンジは内部の汚れをそのままにしておくと余分な電気を消費してしまいます。こまめな掃除を心がけましょう。
 また、1つの物を解凍する場合は電子レンジの皿の外側に置いた方が熱が均一に伝わり、2つ以上の物を解凍する場合は間隔をあけて置いた方が熱の伝わりが良いため、効率的に解凍できます。
 大きい物の解凍は時間がかかるぶん電力消費量が大きくなりますので、食品を冷凍する際はあらかじめ小分けに冷凍する方が電気代を節約できます。

炊飯器

 炊飯器は、ご飯が炊き上がったあとの保温機能を出来るだけ使わないようにするのが節電のポイントです。余ったご飯は、ラップで包んで冷凍し、使う時に電子レンジで解凍すると良いでしょう。
 また、大きい炊飯器ほど消費電力量も大きくなりますので、家庭の人数にあわせたちょうど良い大きさのものを選びましょう。

掃除機

 掃除機は、消費電力が大きい上、スイッチを入れた瞬間にもっとも電力を消費します。かける途中で何度も電源をつけ消しすると、余分な電気代がかかってしまいますので、部屋を片付け、スイッチのオンオフの回数と、掃除機をかける時間とを減らすようにしましょう。
 フィルターが汚れていたり、紙パックにゴミが溜まると吸引力が落ちてしまいます。こまめに掃除し、パックの交換を行なうようにしましょう。
 また、掃除機のパワー(吸引力)は、絨毯では「強」が適していますが、畳やフローリングは「弱」で充分です。場所によってパワーを使い分けるのもポイントです。

洗濯機・乾燥機

 洗濯機は、洗濯物の量が80%前後の時がもっとも効率的に汚れが落ち、消費電力を少なくして洗うことができます。洗濯物の量は適量を心がけましょう。
 「汚れが少ない物は短時間コースを選択する」、「汚れが目立つ場合は最初に手洗いする」など、汚れ具合に応じて洗い方を変える工夫も大切です。
 お風呂のお湯を使える洗濯機であれば、水道代の節約にもなります。

 乾燥機についても、洗濯物の量は80%が最も効率的です。また、フィルターの汚れをそのままにして使い続けると無駄な電力を消費してしまいますので、こまめに掃除を心がけると良いでしょう。乾燥の前に洗濯機でしっかり脱水しておくと、乾燥時間が短縮できます。

トイレ

 ウォシュレットやヒーター付便座など、トイレの家電化も一般的になりました。
 便座ヒーターは初夏〜秋口にかけては「弱」か「OFF」でも不快ではありません。無駄な電力消費を避けるためにも、気候の良い季節は極力、ヒーターを使わないほうが節電になります。
 また、ヒーターを付ける季節には、保温効果を下げないよう、使用後は便器のフタを閉めることを徹底すると良いでしょう。

節約に役立つランキング

節約方法ランキング
節約方法ランキング 詳しく見る
1 クレジットカード
を活用
ポイント還元が付いて、現金払いよりも断然お得
2 保険を見直す 重複している保障内容を見直せば、年間で驚くほどの節約に
2 お得なキャンペーン(セール)を活用 情報をしっかり見極めれば大きな節約に!
4 ネットバンクを活用 預金金利は大手銀行の2倍。手数料も安価なネット銀行を節約に活用しよう
4 交通費・ガソリン代を節約 高騰するガソリンを安くするための裏ワザ節約方法が満載
クレジットカードランキング
節約クレジットカード 詳しく見る
1 ライフカード 年会費無料。入会から1年間はポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍
1 ANAアメリカン・エキスプレス・カード マイル還元率1.0%。入会とカード利用で大量のマイルがゲットできるキャンペーンを実施中。
3 楽天カード 年会費無料。基本ポイント還元率1%+楽天の買い物&提携店利用でポイント2倍〜3倍!ショッピング保険も付帯
3 JCB EIT 年会費無料。基本ポイント還元率1.0%。旅行障害保険・ショッピング保険が充実
5 セブンカード・プラス 通常利用で0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%のポイント還元。年会費初年度無料

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活