節水器具の利用、洗い方の工夫で水道代を節約

節約生活

節約生活

節水グッズの紹介、水の使用量を減らすテクニック

ホーム記事一覧 水道代の節約

水道代の節約

限りある水を大切に使おう

一般家庭水使用目的別実態調査

 家庭で使われる水は、日本で1日に使われる水の量の7割にのぼります。
 これは、学校、病院、デパートなどの都市生活用や工場用に比べても、断トツに多い数字です。いかに私たちが毎日の生活で水を使っているかが分かりますよね。
 しかも、主な使用目的は「トイレ」「お風呂」「炊事」「洗濯」の順で、トイレやお風呂といった、意外なところで多くの水を使っていることも分かります。

 私たちは、蛇口から出てくるのは当然と思いがちですが、水は限りある大切な資源です。家庭では小さな心がけの積み重ねでかなり節約できますので、環境の面からも水は大切に使いたいものです。

節水量の目安

    状 態 おおよその量(L)
蛇口 洗面・手洗い 1分間流しっぱなし 12
歯みがき 30秒間流しっぱなし 6
コップにくむ(3杯) 0.6
炊事 食器洗いなどで5分間流しっぱなし 60
洗車 20分間流しっぱなし 240
バケツにくむ(3杯) 30
蛇口に節水コマを取り付け、ハンドルを90度回転させた場合(1分間) 6
ふろ 浴槽の残り湯半分を洗濯・清掃などに利用 90
シャワー 3分間流しっぱなし 36
◇歯みがきの水を流しっぱなしにせず、コップにくむと 5リットル節約
◇洗車のとき、ホースを使わず、バケツの水で洗うと 210リットル節約
◇蛇口に節水コマを取り付け、水道を使用すると 6リットル節約
◇お風呂の残り湯の半分を洗濯や掃除に使うと 90リットル節約

節水のポイント

洗面所編

節水コマを取り付けよう

◇「節水コマ」を取り付けよう
 節水コマとは、蛇口の内部に取り付けて水の量を調整する節水グッズの一つです。
 洗面所や台所の水道の蛇口に使用すると、1分間に最大約6リットルの水を節約できると言われています。
 節水コマの使用は、自治体によって奨励されており、無料配布を行なっている水道局もありますので、お近くの水道局に問い合わせてみると良いでしょう。また、ホームセンターなどでも一個100円程度で入手が可能です。

(参考:東京都水道局「節水コマ」について)

水は溜めて使うのが基本

◇「溜めて使う」のが基本
 洗顔や歯磨きの際、水を流しっぱなしにしていると、3分間で36リットルの水が無駄になります。洗面器やコップに水を溜めて使いましょう。

◇水漏れに注意
 水道の蛇口からポタポタと滴が落ちてくる水漏れも、長く続くと大きな水の無駄使いになります。漏水を発見したら、すぐに修繕するようにしまよう。

 

キッチン編

キッチンでは食器の洗い方に工夫を

◇洗い方を工夫しよう
 食器洗いは、新聞紙や古布で食器の汚れをふき取ってから洗うと水の使用量を減らすことができます。洗剤を入れた桶にひたして汚れを浮かせるのも良い方法です。
 洗うときは蛇口から水を流しっぱなしにせず、桶に張った水でまとめて洗うようにしましょう。お米のとぎ汁や、めん・パスタの茹で汁などを再利用することも可能です。
 また、洗剤を多く使うと洗い流すために多くの水を使うことになりますので、適度な量を心がけましょう。

お風呂編

節水型シャワーヘッド

◇「節水型シャワーヘッド」を使おう
 シャワーのお湯を出しっぱなしにすると、3分間で約36リットルもの水を使います。必要のない時はこまめに止水するようにしましょう。
 節水型シャワーヘッドに交換すれば、通常のシャワーヘッドに比べて30〜40%の節水になります。

◇「定量止水栓」を使おう
 定量止水栓は、お風呂のお湯などを溜める時、一定量が溜まると自動的に止水させる装置です。止め忘れによる無駄な水を省き、水道代の節約に役立ちます。

洗濯編

サンヨー電機「AQUA」

◇お風呂の残り湯を活用しよう
  お風呂の残り湯を使える洗濯機であれば残り湯を有効活用しましょう。最近は風呂水用の給水ポンプを内蔵した洗濯機が増えてきています。
 さらに、オゾンの力で水を再利用する機能が搭載されたドラム式洗濯乾燥機サンヨーの「AQUA」は、9年前の機種と比べると、96%も節水でき節水型の洗濯機として注目を集めています。

ヤマダ電機Webで「AQUA」をチェック

トイレ編

イナックス「ECO6」

◇大小レバーを使い分けよう
 意外に使用水量が多いトイレですが、簡単な節約法として大小のレバーを使い分けるという方法があります。大レバーで流すと、小レバーの倍近い水を使いますので、用途によって使い分けましょう。

◇節水機能付きトイレに注目
 最近、節水機能を搭載した水洗トイレが注目を集めています。イナックスの「ECO6」はわずか6リットルの水で洗浄でき、旧来型と比べると60%も節水できる超節水型のトイレです。また「TOTO」からも60〜65%の節水率が高いトイレが登場して話題になっています。

イナックス「ECO6」ホームページ

TOTO「ピュアレストEX」ホームページ
TOTO「ネオレスト ハイブリッドシリーズ」ホームページ

水の使い方を見直してみよう

水の使い方を見直してみよう

 私たちは普段なにげなく水を使っていますが、1日の生活を考えると、多くの場面で、たくさんの水を使っていることがわかります。水は生活に不可欠なものですから、極端に使用量を減らすことはできません。
 しかし、小さな心がけや節水グッズの設置などで、かなり節約することができますので、家庭での水の使い方をもう一度見直して、出来るところから節水・節約をしていきましょう。

節約に役立つランキング

節約方法ランキング
節約方法ランキング 詳しく見る
1 クレジットカード
を活用
ポイント還元が付いて、現金払いよりも断然お得
2 保険を見直す 重複している保障内容を見直せば、年間で驚くほどの節約に
2 お得なキャンペーン(セール)を活用 情報をしっかり見極めれば大きな節約に!
4 ネットバンクを活用 預金金利は大手銀行の2倍。手数料も安価なネット銀行を節約に活用しよう
4 交通費・ガソリン代を節約 高騰するガソリンを安くするための裏ワザ節約方法が満載
クレジットカードランキング
節約クレジットカード 詳しく見る
1 ライフカード 年会費無料。入会から1年間はポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍
1 ANAアメリカン・エキスプレス・カード マイル還元率1.0%。入会とカード利用で大量のマイルがゲットできるキャンペーンを実施中。
3 楽天カード 年会費無料。基本ポイント還元率1%+楽天の買い物&提携店利用でポイント2倍〜3倍!ショッピング保険も付帯
3 JCB EIT 年会費無料。基本ポイント還元率1.0%。旅行障害保険・ショッピング保険が充実
5 セブンカード・プラス 通常利用で0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%のポイント還元。年会費初年度無料

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活