投資信託とは?メリットと注意点。投資信託が購入できる証券会社の紹介。

節約生活

節約生活

投資信託のメリットと注意点

ホーム記事一覧積極的な資産運用

投資信託の選び方

 投資信託とは

 投資信託とは、投資家から集めた資金を資産運用の専門家であるファンドマネージャーが、株や債権等で運用する仕組みのことです。運用の結果、発生した利益は、その投資信託に運用を委託した投資家に分配されるようになっています。
  ただし、投資信託も投資商品ですから、当然元本割れのリスクがあります。
  今回は「投資信託の選び方」と題して、その特徴について解説いたします。

 投資信託のメリットと注意点

 投資信託には、他の投資商品とは異なるメリット、デメリットがあります。投資信託を購入する人の中には、メリットだけを見て注意点を認識せず、投資に失敗してしまうケースも少なくありません。そうならないためにも、まずは投資信託という商品の特徴をしっかりと理解しておきましょう。

 投資信託のメリットは大きく分けると下記の4つです。

 投資信託のメリット
1.資産運用をプロに委託できる →投資初心者にとって、株式投資や世界の債権に投資するという行為はハードルが高いもの。投資信託を購入すれば、専門家が資産を運用してくれるので、これは大きなメリットと言えます。
2.商品種類が豊富 →一言で投資信託と言っても商品種類は豊富です。日本株、外国株、債権、新興国投資、株価指数連動型(ETF)等、様々な選択肢から投資商品を選べるようになっています。
3.少ない資金で分散投資できる →投資信託の多くは1万円程度から購入できるようになっています。また、投資信託は複数の商品で運用されているため、リスクを抑えた分散投資ができるのです。リスクを抑えて小額から投資したい人にとって投資信託は魅力的な商品と言えるでしょう。
4.個人で投資しにくい国にも投資できる →BRICsやVISTAなど大きな成長力を秘めた新興国への投資は、大きな魅力がありますが、これらの国々は投資環境が整備されておらず個人での投資が難しいことが多いです。投資信託の中にはこれらの新興国への投資を専門とするものがあり、誰でも簡単に購入できるようになっています。当然リスクはありますが将来の大きなリターンを期待する人にとっては魅力的な商品でしょう。

 それでは次に注意点を見ていきたいと思います。

 投資信託の注意点
1.投資信託はリスク商品 →「投資信託はプロが運用するから安心」という考え方は大きな誤りです。ファンドが投資した先が値下がりすれば当然、投資信託の基準価格も下落します。それは安定型と呼ばれる商品でも同様です。事実、投資信託の中には募集時の基準価格を大きく下回り続けているものもあります。投資信託にもリスクはあるという事は購入する前の大前提として覚えておきましょう。
2.意外に大きい手数料 →投資信託は購入時だけでなく、保有中や解約時にも手数料がかかります。これらの費用は決して無視できません。特に保有中常に発生する信託報酬は、運用成績を左右するランニングコストですからしっかりチェックしておきましょう。

→販売手数料・・・投資信託購入時にかかる手数料。一般的には1.05〜3.675%程度。同じ投資信託でも販売会社により手数料が異なる。中にはノーロードと呼ばれる販売手数料無料の投資信託もある。

→信託報酬・・・投資信託の販売会社、運用元等に支払う手数料。年間0.5〜2.1%程度の報酬が日割りでファンドの資産から差し引かれる。信託報酬は運用成績に与える影響が大きいので要注意。(※例えば同じような商品でも信託報酬に1%の差があると、10年間でリターンに10%の差がでる。)

→信託財産留保額・・・投資信託解約時にかかる手数料。一般的には0.3%程度。中には信託財産留保額がない投資信託もある。

 投資信託を購入する際は、最低限これらの点に注意が必要です。また、投資信託の詳しい情報は目論見書に書かれていますので購入する前に必ず目を通しましょう。

 投資信託の購入先

 投資信託にメリットと注意点があることをおわかりいただけたと思いますが、総合的に考えると投資信託が魅力的な投資商品であることは疑う余地はありません。これから資産運用をスタートするなら、最も有力な選択肢の一つと言っても良いでしょう。

 ただし「さぁ購入!」という時、その購入先は十分検討しましょう。「意外に大きい手数料」の項目でもご説明しましたが、投資信託は同じ商品でも購入先によって手数料が異なるのです。
 基本的に銀行や郵便局の窓口で購入すると高く、ネット銀行やネット証券等で購入すると安くなる傾向があります。また、購入金額によって手数料が変動する場合もありますので十分注意しましょう。

 下記は様々なジャンルの投資信託の販売手数料を、大手銀行、ネット銀行、ネット証券で比較したものです。

  投資対象と販売手数料
日本株 新興国 債券
GS 日本小型株ファンド HSBC新BRICSファンド DIAM高格付インカム・オープン
東京三菱UFJ銀行 - 2.5725%
(税抜2.45%)
みずほ銀行 - 1億円未満 2.1%
1億円以上 1.05%
5億円以上 0.525%
楽天銀行 無料(ノーロード) 100万円未満 3.15%
100〜500万円未満 2.1%
500万円以上 1.05%
1.05%(一律)
マネックス証券 - 3.15〜1.05% 1.05〜0.525%

 編集部のおすすめは、販売手数料が業界最低水準に設定されている野村ネット&コールです。
 投資信託は、購入する金融機関によって運用利回りが変わる訳ではないので、手数料が割安な金融機関から購入した方がより有利なのは間違いありません。また、野村ネット&コールは野村證券のグループ会社ですから、購入先に信頼感を求める人にとっても安心できるでしょう。

 「投資信託の選び方」は、いかがでしたか?
  投資信託は難しい投資商品ではないので、これから投資を始める方にも最適です。これから資産運用を考えている方は選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょう。


<< 第1回「株主優待・配当の魅力」 第3回「外貨投資に注目」 >>
 編集部厳選!投資信託が豊富なオンライン証券会社&投資信託入門本
投資信託が豊富なオンライン証券会社
野村ネット&コール
野村證券グループのオンライン専業証券会社。今年から投資信託の取扱を開始。約160本の投資信託を業界最低水準の販売手数料で購入できる。また、野村グループという強みを活かし、オンラインだと野村ネット&コールでしか購入できない投資信託もある。
マネックス証券
オンライン証券会社大手の一角。約170本の投資信託を購入できる。数千万円投資すると販売手数料が割り引かれるケースが多い。
SBI証券
オンライン証券会社最大手。投資信託の取扱本数は約260本と豊富。但し、販売手数料は高め。
編集部厳選!投資信託入門本
〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと 〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと
世界トップクラスの投資信託評価会社モーニングスター社のCOOによる投資信託入門書の、2013年に発行された新版。投資信託の基礎知識、選定の仕方等をわかりやすく解説している。
みんなの投資 投資信託でゆっくり確実に資産をつくろう!
投資初心者でもわかりやすくというコンセプトで書かれた投資信託入門書。投信の注意点や予算別の投資の仕方の具体例等を丁寧に解説している。タイトル通り、誰が読んでもわかりやすい良本。

▲ページの先頭に戻る

2007(C)節約生活