家計見直しのポイントとおすすめの節約方法を紹介

家計 見直し 節約

広告

  1. 家計を賢く見直す方法!3つの項目を重点チェックし、節約しよう

家計を賢く見直す方法!3つの項目を重点チェックし、節約しよう

家計を賢く見直す方法!3つの項目を重点チェックし、節約しよう

「家計を賢く見直す方法」を活用した際の節約額は年間約59,200です

保険の見直し

保険見直し本舗などの無料保険相談サービスを活用して保険を見直し、毎月の保険料が1,000円安くなる保険に乗り換えたとすると、年間12,000円の節約に!

本の買い方・売り方の見直し

  • 漫画を毎月5冊、電子書籍ストアから購入したとすると、書店で紙の漫画を購入する場合と比較し、1冊20円×5冊=100円の節約が可能。年間換算すると1,200円の節約
  • さらに、不要になった漫画(1回につき20冊)・書籍(1回につき10冊)を宅配買取サービスを利用して年2回買取に出し、漫画1冊100円、書籍10冊300円で買い取ってもらえたとすると、1回につき5,000円の節約が可能。年間(年2回利用)換算すると、10,000円の節約に!

食費の見直し

家族3人の1日の食費が2,000円かかっていた場合、食材の無駄を無くし、食費を1日5%(100円)節約できたとすると、1ヵ月当たりの節約額は3,000円。年間換算すると、36,000円の節約に!

年間約59,200円の節約!

節約額の試算内容を詳しく見る

生きていく上で「お金」は、重要なポイントとなります。
お金に対する不安や悩みを少しでも軽減するために、節約をしようと考えている方も多いのではないでしょうか?

節約に本気で取り組むのであれば、まずは、家計の抜本的な見直しが欠かせません
なぜなら、家計を正しく把握し、その上で削減すべきポイントを見極め、上手にお金を管理できれば、効率よく節約することができるからです。

そこで今回は、家計を見直し節約する方法に注目。家計を見直す際のポイントや、家計を見直した上で、いざ節約をする際に活用したいおすすめのサービスや、おすすめの節約術等についてわかりやすく解説します。
家計を見直し、節約したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

まずは家計をしっかり把握!おすすめの家計簿アプリ

家計を見直し、節約をするのであれば、まずは家計の状況をしっかりと把握することが大切です。
そのために活用したいのが、家計簿。

家計簿をつけると、自分が「何に」「いくら」使っているかを的確に把握でき、「今月は、レジャー費を使いすぎた」「食費がここ数か月、増えている」等、節約すべき項目が見えてきます
また、今後必要となる出費を把握し、それに備えた予算管理を行うことも可能です。

ちなみに、家計簿をつける際のポイントは、自分に合った方法を見つけること。
家計簿は、ノートにつける方法やアプリで管理する方法などさまざまな方法があるので、面倒にならないよう、自分にあったスタイルを見つけ、無理なく継続できることが大切です。

手軽に家計簿をつけたい人には「家計簿アプリ」の活用がおすすめ

家計簿をつけるためにレシートを集め、日々ノートに書き起こし、項目別に集計していくのは、何かと手間がかかるもの。家計簿とつけたいと思っているものの、つい面倒に感じてしまい、なかなか家計簿を継続してつけられない…という方もいるのではないでしょうか?
そうした方におすすめなのが「家計簿アプリ」です。

家計簿アプリでは何ができる?

家計簿アプリとは、スマホで家計簿がつけられるアプリのこと
家計簿アプリには、レシートを写真撮影すると自動的に読み込み、アプリに記録されるものや、自動で数値をグラフ化し、使用金額が一目で把握できるもの、項目別に予算を立てて管理できるもの、銀行口座やクレジットカードと紐づけて一括管理できるものなどがあり、ノートに家計簿をつける場合と比較し、簡単に収入や支出を記録できると人気を集めています

ちなみに、一口に家計簿アプリといっても、様々なアプリが出ているので、どの家計簿アプリが良いのか迷われる方も多いはず。
以下では、節約生活編集部がおすすめする家計簿アプリをご紹介します。

おすすめの家計簿アプリ

家計簿マネーフォワードME

家計簿マネーフォワードME

収入や支出を見える化し、簡単に家計の管理ができる無料の家計簿アプリ。
家計簿マネーフォワード MEは、レシートをスマホのカメラで撮影することで、項目を分類し、家計簿に反映される機能を搭載。さらに、手動での入力にも対応しており、スマホから簡単に家計簿をつけることができる。
また、銀行や証券口座、クレジットカード、電子マネー等をアプリに紐づけると、クレジットカードで使ったお金や銀行の引き落とし等についても、アプリに反映可能。加えて、今月使えるお金を把握できる「予算機能」や、クレジットカードの使いすぎを防ぐ「アラート機能」等が利用できる点もチェックしておきたい。

家計簿マネーフォワードMEをチェックする

MoneyTree(iOS / Android

MoneyTree

銀行口座、証券口座、電子マネー、クレジットカード、ポイントカード、マイルなども含め、家計の収支を一括管理できる無料の家計簿アプリ。
会員登録すると、口座の残高や利用明細が自動で更新され、簡単に家計を把握することができる。また、貯まっているポイントやマイルの有効期限を通知する機能もあり、有効期限を逃すことなくポイントやマイルを活用し、節約に役立てられる点も嬉しいポイントといえるだろう
さらに、シンプルで直感的に使えるUI(ユーザーインターフェース)が高く評価されており、入力操作や家計の見直しが簡単にできる点も嬉しい。

家計を賢く見直す方法 その1
保険の見直し

家計を見直し、いざ節約する際に、まず検討したいのが保険の見直しです
保険は、万一の際に生活を支えてくれる大切なものですが、その保険料が家計のなかで大きな負担となっては、意味がありません。
現在加入している保険を見直し、必要に応じて自分のライフステージに合わせた保険への加入を検討しましょう。

保険見直しのタイミングと押さえるべきポイント

将来への不安から、むやみに手厚い保険を掛けていたり、手続きが面倒だからと、何年も前に加入した保険をそのまま継続していたりする場合、定期的にかなりの額の保険料を支払っているケースも珍しくありません。
「万一の際に備えて…」と、ついつい見直しが先送りにされがちな保険ですが、本当にその保障が必要かどうかを定期的に見極め、自分や家庭に必要な保険にのみ加入することが大切です
具体的に保険を見直すべきタイミングと、そのポイントについて見ていきましょう。

結婚や出産をしたとき

ライフステージの変化に伴い、パートナーや子どもたちに対する保障を見直しましょう。
両親が掛けていてくれた保険や、独身時代から掛けたままになっている保険を見直すことで保険料を節約できる可能性も。
その一方で、加入している保険の保障が想定より少ないケースもあるため、今後のライフプランを踏まえ、万一の際に必要な保障が受けられる保険に加入することが大切です。

転職・独立したとき

転職や独立に伴い、公的保障が変化する可能性があります。
自分が加入している保険の保障内容を確認し、不足があると感じる場合は、必要に応じて、保障を手厚くするなど、保険の見直しを行いましょう。

住宅を購入したとき

住宅ローンを組む際には「団体信用生命保険(団信)」と呼ばれる保険に加入します。
これは、契約者に万一のことがあった場合、金融機関が住宅ローンの残高を返済するというもの。
万一のことがあった場合でも、住宅が残ることを考え、生命保険に加入している場合は保険を見直すのもひとつの方法です。

保険の見直しにおすすめのサービス

保険見直し本舗

保険見直し本舗

保険見直し本舗は、40社以上の保険商品を取り扱う店舗型の保険相談サービス。生命保険や医療保険、学資保険など、豊富な保険商品を比較・検討でき、自分に合った保険商品を見つけることができる。
また、営業方針として無理な勧誘行為を一切禁止しており、具体的な保険プランは相談者が希望した場合にのみ提供。勧誘を気にすることなく、安心してサービスを利用できる点は嬉しいポイントといえるだろう。
保険の見直しをする際、保険見直し本舗はぜひチェックしておきたいサービスの一つ。

保険見直し本舗をチェックする

家計を賢く見直す方法 その2
本の買い方・売り方の見直し

本は、知識の源泉です。
大きな富を築いた著名な人々の多くは読書家が多いことからもわかるように、書籍購入代金を節約することはせっかくの知識欲に蓋をすることになります。
本を購入したい気持ちと節約を両立させるには、本の買い方や読了後の扱いを工夫することが大切です
本チャプターでは、本の買い方や売り方を見直し、節約する方法について見ていきましょう。

1 本の買い方を見直す:紙よりも安い電子書籍を購入する

電子書籍は、紙の書籍と比較し、安価で購入できるケースがほとんど。さらに、ペーパーレス化にもつながるため、読み終えた本の収納場所に困ることもありません
また、タブレットやスマホに電子書籍を入れておけば、場所を問わず、自分の好きなタイミングで、読書を楽しむことが可能。加えて、タブレットやスマホ一つで、複数の本をすぐに読める点も魅力でしょう。

おすすめの電子書籍ストア

BookLive!

BookLive!

国内最大級の電子書籍ストア。BookLive!では、クーポンが毎日入手できる「クーポンガチャ」や、新規会員登録で「50%OFFクーポン」プレゼント等の特典を用意。お得に電子書籍を購入することができる。
また、電子書籍の購入でTポイントを貯める・使うことも可能。さらに、無料で読める本を多数用意している点もチェックしておきたい。
蔵書数も数ある電子書籍ストアの中でトップクラスを誇っており、品揃えも充実しているので、電子書籍を利用する際、有力な選択肢の一つといえるだろう。

BookLive!をチェックする

2 本の売り方を見直す:読み終えた本はできるだけ早く売りに出す

読み終えた本はできるだけ早く売り、お金に換えるのも、家計の節約を考える際に活用したい方法の一つです
本を読み終えたら、「手元に置いておきたい(→残す)」「一度読めれば、満足(→売る)」といった形で分類し、本の状態が良好なうちに買取サービスを利用して売り、お金に換えましょう。
ちなみに、ネットの買取サービスを利用すれば、重い本を店舗まで運ぶ必要なく、自宅にいながらにして、簡単に不要になった本を買取に出すことができるため、上手く活用するのがおすすめです

おすすめの買取サービス

ネットオフ

BookLive!

TSUTAYA系列の「リネットジャパングループ」が運営する宅配の買取サービス。利用者の満足度は96%以上と、数ある買取サービスの中でも、高い人気を誇っている
ネットオフでは、発売から1ヶ月以内のコミックは定価の50%以上、発売から3ヶ月以内の書籍の場合は定価の30%以上の価格での買取を保証。申し込みから査定までの間に買取価格が値下がりする心配がないため、安心して買取に出すことができる。
また、配送用のダンボールを無料で配布しており、不要になった本をダンボールに詰めるだけで、簡単に買取に出せる点も嬉しいポイントといえるだろう
「500円買取価格アップキャンペーン」などの各種キャンペーンも充実しているので、不要になった本を買取に出し、お金に換えたい場合は、ぜひチェックしておきたい。

ネットオフをチェックする

家計を賢く見直す方法 その3
食費の見直し

食費の見直しは、家計の節約を考える上で欠かせない重要なポイントです。
私たちは1年365日、基本的に1日3回食事をするため、食費を抑えることができれば、高い節約効果が期待できます。
その一方で、やみくもに食費を節約すると、人によっては、大きなストレスとなるばかりか、栄養バランスが崩れ、健康を害する可能性も。
食費を節約する際は、無理のない範囲で行うことが大切です

また、食費を節約したいと思っているものの、「スーパーで買い物をすると、つい無駄遣いをしてしまう」といった場合は、ネットスーパーを活用するのも選択肢の一つ。
最近のネットスーパーは店舗で購入する場合と比較して割高ということもなく、配送料も良心的な価格に設定されており、利用しやすくなっています
また、購入したものを自宅まで届けてもらえるため、重い荷物を運ぶ必要がないことに加え、買い物に行く時間を節約できる点も魅力でしょう。
売り場に行くとついお菓子や嗜好品など、本来の目的以外のものにまで手が伸びがちですが、そういった無駄な買い物を防げるメリットも期待できます。

以下では、おすすめの食費節約術や、食費を節約する際に活用したいおすすめの食材宅配サービスをご紹介しています。
無理なく食費を節約できる、自分に合った節約術やサービスを見つけましょう。

おすすめの食費節約術

おすすめの食費節約術 その1:スーパーでは必要なものだけを購入する

食費の節約には、購入した食材を余すことなく使い切るのが重要なポイント。買い物に行く前に冷蔵庫の中身を確認し、必要なものだけを購入するようにしましょう
無駄な買い物を防ぐために、上記でご紹介したネットスーパーを活用するのも一つの方法です。

ちなみに、うっかりスーパーで買いすぎてしまった場合には、食材を冷凍保存するのがおすすめ。その際は、フリーザーバッグなどに一度に使う分ごとに小分けにし、冷凍した日付を記入しておきましょう。
「冷凍庫に入っていたけれど、いつ購入したお肉か分からない」といった事態に陥らないためにも、こうしたひと手間を惜しまないことが大切です。

おすすめの食費節約術 その2:家庭菜園を活用する

「家庭菜園」というと、大変そうなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、ベランダのプランターでミニトマトやハーブを育てるだけなら、それほど手間を掛けることもなく収穫でき、食費を節約することが可能です。
ちなみに、ベランダに緑があると、気持ちにもゆとりが生まれ、子どもがいる家庭の場合、自分で収穫した野菜を食べることで食育につながるメリットも。
また、「お弁当に赤が足りない!」といった際にも、ミニトマトがあればすぐに彩りを追加することが可能。パセリやバジルなどのハーブ類も購入するとある程度の料金がかかってしまいますが、家庭菜園を利用することで、その料金を節約できる点も魅力でしょう。

食費の節約におすすめのサービス

生活クラブ

生活クラブ

生協組織の一つ「生活クラブ連合会」が運営する食材宅配サービス。 生活クラブでは、食材の安全性を重視。加工食品の原材料や、アレルゲン情報はすべてカタログに記載されているほか、生活クラブで取り扱う食品のほどんどは、食品添加物や化学調味料が不使用となっており、安心して口にすることができる。
また、スマホやタブレットから空いた時間を利用して簡単に注文できることに加え、時短で調理できる食材キットや加工品を多数取り扱っている点も大きな魅力といえるだろう。
さらに、資料請求(※無料)をすると、試供品がもらえるキャンペーンを定期的に実施している点も嬉しい。生活クラブは、安心・安全に口にできる食材の宅配サービスを利用したい人におすすめ。

生活クラブをチェックする

まとめ

「とにかく節約してお金を貯めよう」と漠然と考えるのではなく、まずは家計を把握し、その上でどうお金を使うか・どの部分のお金を節約するかを見極めることが、節約を成功させるための秘訣です。
その際、簡単に取り組むことができ、かつ高い節約効果が期待できる方法からチャレンジするのがおすすめ

日々の生活の中には、ちょっとの工夫で節約できることがたくさんあります。
家計を見直し、節約したいと考えている方は、本特集を参考に、自分に合った節約方法を見つけましょう。

  • Facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • tweet

あわせて読みたい

固定費を節約
保険見直し講座

変動費を節約
食材の活用法

家計節約の基本
家計節約のコツ