冬のエアコンの電気代を節約しよう!

エアコン 電気代 節約

広告

  1. 節約生活ニュース

更新

冬のエアコンの電気代を節約する3つの方法

エアコンの電気代が跳ね上がるのは夏、そして冬と相場が決まっています。特に暑さ以上に寒さは我慢ができないという方も多く、どうしても冬は電気代が高くなってしまうものです。

ただ電気代を節約しようと思うのなら、冬のエアコンの電気代の削減は決して避けては通れません

今回の節約生活ニュースは、冬のエアコンの電気代を節約する3つの方法と題して、編集部おすすめの方法をご紹介します。

手軽さも考慮した上で、鉄板の3つの方法をご紹介しているので、是非チェックしてみてください。

冬のエアコンの電気代を節約する方法 その1電力会社を切り替える

すでに利用されている方もいらっしゃるかもしれませんが、電力会社の切り替えは、最も簡単に電気代を節約できる方法です。またこの方法はエアコンに限らず、テレビ、パソコン、電気毛布など、全ての電気代の節約に役立ちます。

電力会社の切り替えは、現在利用している電力会社の電気料金の明細とクレジットカードがあれば30分~1時間もあれば、申し込み完了です。

以下に確実に電気代の節約につながる、おすすめの電力会社を2社ピックアップさせていただきました。まだ電力会社を切り替えていないという方は是非チェックしてみてください。

おすすめのサービス

HISのでんき

HTBエナジー画像

旅行会社大手H.I.S.グループの電力会社。全国対応する数少ない電力会社の一つで、30アンペア以上の電気を利用している家庭であれば、どこでも、だれでも電気代が5%OFF(※関西電力管内のぞく)になるサービスを提供している。

東京ガスのでんき

東京ガス ずっともプラン画像

東京ガスが提供。すでに80万件以上のユーザーが東京電力からの切り替えを実施している。東京ガスのガス利用者であれば、ガス料金も含めて割引になるため、HISのでんき以上の割引率を期待できる。

冬のエアコンの電気代を節約する方法 その2室温設定を下げる

エアコンが最も電気を使うタイミング、つまり電気代がかかるのは、現在の室温を設定温度まで上げるための運転時です。逆に室温が設定温度に近づけば、あとはわずかな電気代で動いています。

つまり室温設定を27度にしている場合と、25度にしている場合だと、エアコンの料金は25度にしているほうがお得になるということです。

これも電力会社の切り替え同様、非常に簡単に手間なくできる節約方法です。こまめにエアコンを着けたり消したしするより、はるかに効率よくエアコンの電気代を節約できるので、是非実践してみてください。

ちなみにエアコンはつけっぱなしにしたほうが得という意見もありますが、決してそんなことはありません。あまりこまめにスイッチをON、OFFすると節約に逆効果ですが、外出する際はエアコンを切っておいたほうが節約になります。

冬のエアコンの電気代を節約する方法 その3自動運転を活用する

先ほど「冬のエアコンの電気代を節約する方法 その2」で電気代がもっともかかるのは、現在の室温を設定温度まで上げるための運転時という説明をしましたが、この設定温度まで持っていくのを弱運転や強運転を駆使し、自分で合わせるよりも、自動運転を利用したほうがはるかに効率よく、結果的に電気代の節約につながります

弱運転が一番節約になると思いがちですが、弱運転を続けながら設定温度を合わせていく運転は、エアコンにとって大きな負荷となり、むしろ電気代が上がってしまうということを覚えておきましょう。

今回の節約生活ニュースは、冬のエアコンの電気代を節約するための方法をご紹介しました。どの方法も誰でも簡単に実践できるので、この冬の電気代の節約に役立てていただければ幸いです。

あわせて読みたい

家計の基本
家計節約のコツ

変動費の節約
電気代の節約