すぐに取り組めるおすすめの節約術

すぐに始める節約

広告

  1. 節約生活ニュース

更新

節約を始めるなら何がおすすめ?今すぐに取り組むべき鉄板節約術選

2019年がついにスタート。今年こそ節約に取り組もうと考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

一年の計は元旦(春)にあり!

とはよく言ったもの。今すぐ節約に取り組むことで、長い目で見るととても大きな節約の効果を上げることができるはずです。

今回の節約生活のニュースは、編集部がおすすめする今すぐできる鉄板節約術を2つ厳選して、ご紹介します。

今年こそ節約しよう!と考えている方は、まずはどちから1つだけでも構いません。是非節約にチャレンジし、成功体験を積みましょう!

いますぐ節約を始めるならこれがおすすめ その1
電力会社を乗り換える

今すぐ節約するなら、簡単に取り組むことができ、確実に効果が期待できるものがおすすめです。簡単にできれば、心が折れることもありませんし、効果が出れば、「よし!節約にも取り組んでみよう!」というモチベーションになります。

そう考えると電力会社の乗り換えはうってつけの節約術と言えるでしょう。下記でご紹介しているHTBエナジーであれば、シングルでも大家族でもまず確実に現在の電気代から5%割引になります。東京ガスを利用している方なら、東京ガスの電気に乗り換えることで、5%以上の節約効果を期待できるはずです。

電気代の領収書さえあれば、ネット経由でいつでも申し込めるので、まだ電力会社を乗り換えていないという方は是非試してみてください。

HTBエナジー たのしいでんき

HTBエナジー たのしいでんき画像

大手旅行会社H.I.S.グループの電力会社。沖縄電力を除く、ほぼ全ての地域でサービスを提供。東京電力、関西電力など既存の電力会社の電気料金プランを利用している場合、HTBエナジーのたのしいでんきに乗り換えることで、電気代が5%安くなる。新しい電力会社の多くは、ファミリー世帯をターゲットにしているため、一人暮らしの方が電力会社を乗り換えた場合、電気代が逆に高くなるケースがあるが、HTBエナジーのたのしい電気であれば、ほぼ確実に電気料金を節約できる。

東京ガス ずっとも電気

東京ガス ずっとも電気

東京を含む、首都圏・関東エリアを中心に、サービスを提供する電力会社。東京ガスを利用している方は、ガスと電気をまとめることで、割引率が大幅にアップすることから、5%以上電気代を節約できるケースが多い。また電気の利用が少ない一人暮らしの方でも電気代を節約できる「スマートセレクト(ずっとも電気1S)」の提供を開始。一人暮らしの方も要チェック。

いますぐ節約を始めるならこれがおすすめ その2
不用品を売却する

今となっては全く使わないものがお金に変わったとしたら、誰でもすごく嬉しいですし、売れた分はまるまる家計にプラスになります。家を探せば一つや二つは間違いなく不用品があるもの。

不用品を売却する際、いつか使うかもというものは、基本的にはいつまでたっても使わないものに分類し、売ったほうが良いでしょう。(※使うかも使うかもという分類を行うと、いつまでたっても不用品は減りません。)

また、たとえ不用品の買取価格が思ったほど高くなかったとしても、部屋がすっきりする分、間違いなくプラスです。不用品を売却する際は、買取価格に期待するのではなく、身も心もすっきりするためのもの、節約に役立てばラッキーくらいに思っていれば、満足度がグッとあがります。

駿河屋

駿河屋

ゲーム・本・CD・DVD・フィギュアなど、様々な商品を買取ってくれる宅配買取サービスの大手。駿河屋の最大の魅力は、他の宅配買取サービスと比較する、高値での買取が期待できる点。また買取対象が幅広く、例えばゲーム、CD、DVDの予約特典を買い取ってくれるケースもある。通信買取手数料が648円~864円かかるが、まとめて買取を依頼する場合、この手数料を差し引いても駿河屋の買取価格がもっとも高額になるケースが多い。事前に買取価格をチェックすることもできるので不用品の売却を検討している方は要チェック。

フクウロ

フクウロ

服・アクセサリーの買取サービス大手。買取手数料は全て無料。査定にかかる日数は最短で3日とスピード買取を期待できる。また買取価格に満足できなかった場合の返却手数料を無料としている点も嬉しい。ノーブランド、ファストファッションブランドの買取は行っていないが、定価5,000円以上のブランド品であれば、買取ってもらえる可能性は十分ある。公式サイトで買取対象や買取強化ブランドをチェックできるので、最近着ていない服がある方は要チェック。

まとめ

節約に取り組む際はまずは簡単に実践できるものからスタートし、まずは成功体験を積みましょう。

今回ご紹介した2つの鉄板節約術は、実践さえすれば、確実に節約の効果を実感することができるはずです。

いつかやるぞ!ではなく、是非1月のうちにチャレンジしてみてください!それができれば、2019年は節約にきっと成功するでしょう!

あわせて読みたい

変動費を節約
電気代の節約

変動費を節約
電力会社料金比較

お金を増やす
駿河屋のあんしん買取を使ってみた