LINE Payのお得な使い方

LINE Pay

広告

  1. 節約生活ニュース

更新

キャッシュレス決済の大本命!LINE Payに注目

みなさんはキャッシュレス決済を利用されていますか?今回ニュースで取り上げるLINE Payはもちろん、メルカリが展開するメルペイ、100億円あげちゃうキャンペーンで有名になったPayPay、2019年5月に新しくサービスを開始したゆうちょPayなど、新しいサービスが続々登場しています。

ちなみに2019年はこれまで以上に、キャッシュレス化がすすむのは間違いありません。理由は日本政府自体がキャッシュレス化を強力に推進しているから。2019年10月の消費増税を機に、日本政府は2019年10月から2020年6月までの9か月間、キャッシュレス決済を利用すると、3%ポイント還元される予定です。

つまりキャッシュレス決済は消費増税に期間限定で対抗する唯一無二の選択肢。家計を節約したいのであれば、キャッシュレス決済の知識は必須と言えるのです。

そこで今回の節約生活のニュースは、LINE Payに注目。キャッシュレス決済の本命の1つ、LINE Payのメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

さらに日々LINE Payを使いこなしている節約生活の編集長が、LINE Payのお得な使い方と使いこなす方法をご紹介します。

キャッシュレス決済の利用を検討されている方は、是非チェックしてみてください!

LINE Payの5つのメリット

それではまずLINE Payのメリットから。下記は筆者が感じているLINE Payを使う5つのメリットです。

1.LINEアカウントと銀行口座があればすぐに利用可能

日本人であれば、LINEアカウントを持っていないという人のほうが少ないはず。この時点でLINE Payを使う条件を半分は満たしています。あとはLINE Payと連携する銀行口座があればOK。筆者のおすすめはオンラインで簡単に口座開設でき、本人認証や利用金額の確認が簡単なジャパンネット銀行じぶん銀行楽天銀行です。LINEアカウントと銀行口座があればすぐに利用できます
※メガバンクの口座でもオンライン決済に対応してればOKです。

2.他のキャッシュレス決済と比較しても使えるお店が多い

筆者は他のキャッシュレス決済(QRコード決済)も利用していますが、LINE Payは使えるお店が明らかに多い。スマホでQRコードを提示すれば利用できるお店も、筆者が行きつけのコンビニ「ローソン」、しょっちゅう夜ご飯を食べる「スシロー」、生活必需品を購入している「オーケー」他、ラインナップが充実。またLINE Payカードを発行すれば、JCB加盟店であればどこでも利用可能です。

3.LINEデリマ、LINEクーポンなどお得なサービスと連携


クーポンの一例

LINEの強みは様々なサービスを展開し、LINE Payと連携している点です。例えば宅配ピザやお寿司、お弁当など、様々なデリバリーフードが楽しめるLINEデリマ、LINE Payが利用できるお店のお得なクーポンを配信しているLINEクーポン等と連携。ポイント還元率アップや限定クーポンなどを配信しています。

4.LINE Pay利用で20%キャッシュバック他、お得なキャンペーンが充実

LINE Payは様々なキャンペーンを実施しています。2019年5月に発表し、大きな話題になった「全員にあげちゃう!300億円祭」はもちろん、LINE Pay利用で20%キャッシュバックキャンペーンをこれまで何度も開催しています。今後もお得なキャンペーンを随時開催してくれるであろう期待感もLINE Payの大きな魅力です。

5.3.5%~最大5%還元!圧倒的に高い基本ポイント還元率

LINE Payは、キャッシュレス決済の中でも段違いのポイント還元率の高さを誇っています。ノーマル会員でも3.5%。LINE Payの前月の利用金額によってポイント還元率がアップし、最高はなんと5%!他のキャッシュレス決済はもちろん、クレジットカードと比較しても、最高峰のポイント還元率を実現しています

LINE Payのデメリット

LINE Payには様々なメリットがありますが、どんなサービスもメリットだけではありません。メリットもあればデメリットも必ずあります。下記は筆者が実際に利用していて感じたLINE Payのデメリットです。

1.LINEアカウントと銀行の紐づけが必要

LINEアカウントと銀行口座があればすぐに使える点をメリットにあげましたが、この銀行口座との連携という点に少し手間がかかります。一部のキャッシュレス決済は、クレジットカードと紐づければOKというところもあるので、その方法と比べるとLINE Payは少しだけ手間がかかります。

2.クレジットカードチャージは原則不可※一部除く

1でも少し説明しましたが、LINE Payはクレジットカードで残高をチャージすることができません(一部のオンライン決済に関してはクレジットカードと紐づけた決済が可能)。クレジットカードチャージでポイントが貯まるキャッシュレス決済と比較した際、LINE Payの弱点と言えるでしょう。

3.キャンペーンを意識した使い過ぎは節約に逆効果

LINE Payは本当に頻繁にキャンペーンを実施しています。LINEデリマを初めて利用し、LINE Payで決済すると50%キャッシュバックというキャンペーンもその一つ。筆者はこのキャンペーンを利用し、いつもは絶対注文しない特上寿司を注文してしまいました。お寿司はとても美味しかったし、それ自体は良かったのですが、たとえ半額になったとは言え、家計の節約という点では反省があります。お得なキャンペーンが開催されても、そこで散在しないことが、LINE Payを使いこなす上では大切です

節約に役立つLINE Payのお得な使い方

ここまではLINE Payのメリットとデメリットを解説しました。LINE Payをバンバン使っている筆者の実感として、LINE Payは使わない理由がない、お得なキャッシュレス決済の手段であることは間違いありません。

以下は筆者が考える節約に役立つLINE Payのお得な使い方です。これからLINE Payを使おうと考えている方は、是非チェックしてみてください。

節約生活編集長がおすすめするLINE Payのお得な使い方

  1. ジャパンネット銀行と連携し、利用履歴をリアルタイムでしっかり管理!
  2. キャンペーン情報は欠かさずチェック!しっかり活用しよう
  3. LINEデリマ、LINEクーポンを活用することでお得度さらにアップ!

LINE Payを賢く使いこなそう!

今月の節約生活のニュースは、LINE Payに注目。そのメリットとデメリットに加え、筆者が考えるLINE Payのお得な使い方をご紹介しました。

LINE Payの基本ポイント還元率の高さはライバルのPayPayやメルカリ以上。LINEの普及率を考えると、キャッシュレス決済の本命と言って良いでしょう。

最近はライバルとの競争が激しく、お得なキャンペーンを頻繁に開催しているので、家計の節約に役立てる大きなチャンスです。

まだLINE Payを利用していないという方は、この機会にLINE Payに登録し、賢く使いこなしましょう!

あわせて読みたい

ポイントで節約
電子マネーを比較しよう!

節約ニュース
PayPayを家計の節約に役立てよう!

ポイントで節約
クレジットカードポイント還元率比較