結婚式の費用を節約する5つの方法を紹介

結婚式の費用 節約

広告

  1. 結婚式費用の節約

結婚式の費用を節約する方法 -効果が高い5つの節約ポイントを紹介

結婚式の費用を節約する方法

「結婚式費用の節約」を活用した際の節約額は300万です

会費婚を利用して、東京で結婚式を挙げた場合…

  • ウエディングドレスや、タキシードがレンタルできる「プレミアムプラン」を利用すると、自己負担額は25万円
  • ゲストへの交通費や宿泊費、お礼など、様々な出費を含めて50万円かかると仮定

結婚式の費用の平均は、約350万円

差し引いて300万円の節約!

約300万円の節約!

節約額の試算内容を詳しく見る

結婚式を挙げたいと考えているカップルの中には、「結婚式に充てられる貯金が少ないため、できるだけ費用を抑えたい」「実際に式場へ行き見積もりをしたところ、予算を大幅にオーバーしていた」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚式は一生に一度の大イベントであり、自分たちはもちろん、ゲストにとっても、できるだけ満足度の高い式にしたいもの。お金を理由に、あれこれ妥協したくないと考えている方も多いはずです。

そこで今回は、できるだけ希望を叶えながらも、結婚式の費用を大きく節約できる5つの方法をご紹介します。本特集を参考に、結婚式にかかる費用を賢く節約しつつ、満足度の高い結婚式を挙げましょう!

① 式場紹介サービスを利用して、結婚式の費用を節約する

「式場紹介サービス」とは、式場選びはもちろん、式場の空き状況の確認や、式場の見学予約など様々な相談に対応する、無料のサービスです

式場紹介サービスでは、結婚式についての豊富な知識を持つ専門のアドバイザーに対応してもらうことができ、式の詳細やイメージが固まっていない状態でも、安心して結婚式の相談することができます。

また、式場紹介サービスによっては、独自の特典や割引サービスを行っているところもあるので、上手く活用することで、通常よりもお得に結婚式を挙げられる点も、大きなメリットです。

式場紹介サービスを利用して、結婚式の費用を節約する

ただし、式場紹介サービスを経由した場合、適用されないプランがある点には注意が必要。また、式場紹介サービスによっては、ホテルやレストランなど、特定の式場に特化しているケースもあるため、結婚式場の希望がある程度固まっている場合は、利用する式場紹介サービスについても、事前に調べておき、自分に合ったところを選びましょう。

ちなみに、式場紹介サービスを利用して結婚式場を探す場合、クレジットカード払いが可能な式場を選ぶのがおすすめ。結婚式の費用を、ヤフーカードをはじめ、ポイント還元率の高いクレジットカードで支払うと、ポイントが貯められ、お得に結婚式を挙げることが可能です。

その一方で、結婚式の費用をクレジットカードで支払う際は、カードの「利用限度額(※クレジットカードで利用できる上限金額のこと)」に注意が必要。

結婚式の費用が高額な場合、カードによっては、利用限度額を上回り、クレジットカードでの支払いができない場合があります。事前にクレジットカード会社へ連絡すれば、一時的に利用限度額を引き上げることができるので、結婚式の費用をクレジットカードで支払う際は、あらかじめ利用限度額を引き上げておくと安心です。

式場紹介サービスを利用するメリットとデメリット

メリット
  • 豊富な知識を持つ専門のアドバイザーに無料で相談できる
  • 自分の希望に合った結婚式場を紹介してもらえる
  • 独自の特典や割引サービスを利用できることも
  • クレジットカード払いに対応している式場を選べば、結婚式の費用の支払いでポイントを貯めることが可能
  • 式場に加え、結婚指輪やハネムーンの相談ができる場合も
デメリット
  • 式場紹介サービスを利用すると、適用されないプランもある
  • 式場紹介サービスによっては、取り扱っている式場が特定のところに偏っている場合も

おすすめの式場紹介サービス

ハナユメ

ハナユメ画像

「かわいい」「和・和モダン」など、結婚式のイメージから式場を探すことが可能!
会場のタイプやゲスト人数、予算といった条件での絞り込みにも対応
結婚式の費用が最大100万円以上お得になる「ハナユメ割」を提供
その他ギフト券やクーポンのプレゼントなど、キャンペーンも随時実施。結婚式をお得に挙げられる特典が充実している
ハナユメ相談デスクの利用満足度は98%!
関東~九州に12店舗展開(2018年10月時点)、ネットからすぐに相談予約が可能

ハナユメをチェックする

マイナビウエディングサロン

マイナビウエディングサロン画像

式場選びから二次会会場、結婚指輪、ブライダルエステまで結婚式に関する幅広い相談に対応!
その他、結納返しや両家顔合わせの会場選びも相談可能。式場の見学予約や、条件交渉も依頼できる
ゲストハウス、レストラン、ホテルなど幅広いタイプの会場を選択可能
マタニティウエディング、ファミリーウエディング、LGBTウエディングが可能な式場も紹介
マイナビウエディングサロン限定の特典や割引が豊富
最大20~30万円分お得になる特典も用意。ハネムーンの割引も可

マイナビウエディングサロンをチェックする

② 1.5次会(会費婚)にして、結婚式の費用を節約する

1.5次会(会費婚)にして、結婚式の費用を節約する

結婚式の費用を節約する場合、「1.5次会(会費婚)」という形式を採用するのも、1つの方法です

1.5次会とは、通常の披露宴よりフォーマルでなく、二次会ほどカジュアルでない、新しい形の結婚式のこと。演出や引出物といったコストを抑えることで、全体的な出費を少なくできることから、若い世代を中心に、近年、利用する人が増えています。

例えば、1.5次会.comで紹介している例(※)では、着席フルコーススタイルの式を、レストランでゲスト70名分依頼した場合、1人15,000円の会費をもらうと、自己負担額は15万円に。招待状や席次表などを手作りするケースもありますが、一般的な結婚式と比較すると、大きく費用を抑えられます。

また1.5次会は、基本的にご祝儀は受け取らず、10,000円~20,000円の会費をもらうのが一般的。そのため、ゲストを呼びやすい点や、新郎新婦側の出費を事前に把握できる点も、大きなメリットです

その一方で、一般的な披露宴と1.5次会は異なる点には注意が必要。特に、1.5次会や会費制の結婚式に慣れていない年配の親族や上司が式に出席する際は、ご祝儀が必要ないことや、一般的な結婚式よりも砕けた場であることを、事前に伝えておくと良いでしょう。

1.5次会.com「1.5次会の費用・会費について」

1.5次会や会費婚を取り扱うおすすめのサービス

1.5次会.com

1.5次会.com画像

1.5次会に対応した6,000以上の結婚会場を紹介
「眺望が自慢」「着席80名以上可」「当日・後日精算OK」などの条件で絞込が可能
カウンターとメールの両方で1.5次会や会費婚の相談が可能
メールでの相談は24時間受け付けており、最短即日で返信
1.5次会に関する様々な疑問や悩みを解決する、ガイドページを用意
準備のスケジュールやご祝儀、会場選びのポイントなど、幅広い疑問に対応

1.5次会.comをチェックする

会費婚

会費婚画像

自己負担5万円で結婚式が可能
自己負担5万円の「スタンダードプラン」と、25万円の「プレミアムプラン」の2つを用意。支払いは後払いもOK
全国130ヵ所以上の提携会場から、希望を満たす会場を紹介
ホテル、ゲストハウスなど、希望に合った場所で結婚式を挙げることが可能
利用者の満足度は95%以上!準備から当日までしっかりサポート
250カット以上の撮影やプロのヘアメイク、生花の装花など、値段以上のサービスが利用できる

会費婚をチェックする

③ 結婚式の時期や日柄、時間を調整して、費用を節約する

結婚式の時期や日柄、時間を調整して、費用を節約する

式場によっては、比較的予約が取りやすい時期や日程に限り、割引を行っているところがあるため、その日や時期にサービスを利用することで、結婚式の費用を節約するのもおすすめの方法です。

まず、最も高い割引を受けられると言われているのは、六曜(六輝)の「仏滅」に当たる日に結婚式を挙げること。結婚式は、六曜の中で最も良いとされる「大安」を選ぶ人が多く、挙式の予約が集中しやすくなっています。

これに対し、縁起が良くないと言われる「仏滅」は、選ぶ人が少ないため、式場では、特典や割引サービスを行っているケースがほとんど。会場によって特典や割引サービスの内容は異なりますが、「衣装代無料」、「ゲスト1名につき2,000円割引」など、結婚式にかかる費用を大きく節約できる場合があるので、チェックしておいて損はないでしょう。

その他にも、夕方から夜にかけて披露宴を行うナイトウェディングや、1~2月、7~9月の真冬や真夏の挙式も、費用が安くなる場合が多く、節約して結婚式を挙げることが可能です。ただし遠方から参加するゲストがいる場合は、結婚式を挙げる日程や時間によっては、宿泊費が必要になるため、どちらの方がお得かをしっかり計算しておきましょう。

④ こだわらない部分はランクを下げて、結婚式の費用を節約する

こだわらない部分はランクを下げて、結婚式の費用を節約する

ウエディングケーキやオープニングムービー、ゲストの引出物、装花など、こだわりがあまりない部分や必要ないと感じる演出は、ランクを下げる、または思い切って無くすことで、結婚費用を節約することができます

一つ一つの金額は小さく感じられますが、積み重ねることで大きな節約につながるため、必要かどうかをしっかり考えて、結婚式の準備を行いましょう。

その際、重要なのが、自分のこだわりたい部分は、できるだけ妥協しないこと。特に女性は、結婚式に強いこだわりや憧れを持っている場合が多く、こだわりたい部分への出費を惜しむと、あとあと後悔する可能性が高くなります。また、いろいろと我慢した結果、不満が溜まり、パートナーとの関係が悪くなる…といったケースもあるため、結婚式のどこにこだわりたいのかを事前にパートナーとしっかり話し合い、お金をかけるところと節約するところのメリハリをしっかりつけましょう。

また、会社の上司や先輩といった目上の人を呼ぶ場合は、ゲスト用の引出物や料理のランクはあまり下げないよう、配慮することが大切です。

⑤ できるだけ手作りして、結婚式の費用を節約する

できるだけ手作りして、結婚式の費用を節約す

結婚式を行う際に必要なアイテムの中には、ペーパーアイテムやムービー、ドレス着用時の小物類など、手作りできるものが多くあります。手間がかかる点には注意が必要ですが、手作りできるものは自分で用意し、その分の費用を節約するのも1つの方法です。

手作りのメリットは、自分の理想により近いものを用意できる点。また、親戚や友人に、小物づくりや裁縫が得意な人がいる場合、お願いして作ってもらうのもおすすめです。
様々なアイテムを手作りすれば、節約につながるのはもちろん、より特別な結婚式にすることができます。

結婚式まで時間に余裕のある方や、ハンドメイドが好きな方、手先が器用な方は、結婚式で使うアイテムの手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

結婚式で手作りできるアイテム

ペーパーアイテム

  • 招待状
  • 席次表
  • 席札
  • 結婚式当日のメニュー表

ドレスの小物類

  • アクセサリー
    …ネックレス、イヤリング、ピアス、ヘッドドレス等
  • ヴェール
  • パニエ
  • ティアラ

その他

  • ウェルカムボード
  • ムービー
    …オープニングムービー、エンドロール、プロフィールムービー
  • リングピロー
  • フラワーシャワー
  • ウェルカムベア
  • フォトプロップス
    …棒がついた、撮影用のアイテム。ひげやメガネなど、様々な種類がある
  • ガーランド
    …オーナメントや旗を紐につなげて作った飾り
  • プチギフト

節約生活編集部おすすめ!ペーパーアイテムの手作りサービス

Primage(プリマージュ)

Primage(プリマージュ)画像

結婚式に必要な各種ペーパーアイテムを注文可能
招待状、席次表、席札に対応。ペーパーアイテムのデザインは50種類以上
宛名印刷、両面印刷、写真挿入に追加料金なしで対応
印刷とセットの両方に対応した「印刷おまかせコース」他、自分で印刷とセットができる「こだわりDIYコース」も用意

Primageをチェックする

Column

節約効果大!2人だけの結婚式

結婚式は、友人や家族、親族を呼ぶとどうしてもお金がかかるもの。また、結婚式の準備を仕事や家事と並行して行うことが難しく、結婚式を挙げるか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、2人だけで結婚式を挙げること。2人で結婚式を挙げる場合、費用を大きく節約でき、5万円~10万円で挙式を行うことが可能です。
さらに、ゲストのおもてなしを考慮する必要がなく、2人の好きな演出ができるため、思い出深い結婚式を作り上げられる点も大きなメリットと言えます。

結婚式の費用をできるだけ節約したい方や、ゲストを呼ぶことに気後れする方は、2人で挙げる結婚式を検討するのもおすすめです。

プチウエディング 小さな結婚式

挙式プランは6万7,000円~
衣装レンタルやヘアメイク、写真撮影などをセットで提供
沖縄、札幌、京都でのリゾートウエディングにも対応
リゾートウエディングは9万8,000円~、挙式後はそのまま会食パーティーへ参加することも可能

結婚式の費用を節約する方法 ~まとめ~

結婚式の費用を節約する方法について解説した本特集は、いかがでしたか?

結婚式は一生に一度の大イベントであり、小さいころから結婚式を挙げるのが夢だった…という方も少なくありません。
お金をかけるところと、節約するところのメリハリをつけ、理想的な結婚式をパートナーと一緒に作り上げましょう。

また、家事や仕事と並行して結婚式の準備を行うのは、何かと大変なことが多いもの。そんな時こそ、2人で力を合わせて乗り切ることで、これからの結婚生活も、充実したものになるはずです。
本特集を参考に、結婚式にかかる費用を上手に節約つつ、満足度の高い結婚式を実現しましょう!

  • Facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Share on Google+

あわせて読みたい

変動費の節約
ガス会社比較-東京でおすすめのガス会社

変動費の節約
結婚後の節約

ポイントで節約
クレジットカードポイント還元率比較