オークションサイトに出品して稼ぐコツや落札のポイントを押さえて安くお得な買い物をしよう。

オークションで稼ぐコツ、落札のポイントは?

広告

  1. オークションで稼ぐコツ、お得に落札する方法

オークションで稼ぐコツ、お得に落札する方法

オークションで稼ぐコツ、お得に落札する方法

「オークションで稼ぐコツ、お得に落札する方法」を活用した際のお得額は年間約6,200です

オークション出品でお得

トレンドや季節要因を意識した出品を心がけ、6アイテムの落札額が平均より200円高かったと仮定すると、年間1,200円お得!

オークション落札でお得

Yahoo!オークション落札時、Yahoo!プレミアム会員になっていると、常に落札額の5%をTポイントで還元。月平均5,000円オークションで落札している方なら月約250円お得!
年間に換算すると250×12=年間5,000円お得!

1,200円+5,000円=年間約6,200円お得!

節約額の試算内容を詳しく見る

「節約」というと、まず出費を減らすことを考えがちですが、不要なものをお金に換え、必要なものをお得に購入するのも立派な節約方法です。

そこで活用したいのが、自宅でカンタンに出品・落札ができる「オークション」。自分にとっては不要な物でも、オークションで予想外の高値がついた、というのは決して珍しいことではありません。落札者としてオークションに参加をすれば、未使用の新品やレアな商品を格安で手に入れられる場合もあります。

今回は、オークションを上手く活用して節約する方法をご紹介します。

01オークションに出品した商品を高値で売るコツ―トレンドやシーズンを見極めて出品しよう―

オークションに出品する商品を上手にセレクト

コートの写真

オークションは、流行(トレンド)や季節(シーズン)によって売れ筋の商品が異なります。出品のタイミングを見極めると、より高値を狙うことができます

また、希少価値の高い物やシリーズ物もオークションの人気アイテムの一つ。アピールポイントとしてしっかり明記しておきましょう。

トレンドを押さえて稼ぐ

話題を集めている人気のアイテムは、オークションで高価がつく傾向があります。出品前には、商品やジャンルのトレンドをチェックしておくと良いでしょう。

シーズンは先取りで

女性の写真

ファッションアイテムのような季節がある物は、シーズンを先取りしてオークションに出品しましょう

たとえば、夏物の洋服や成人式の振袖などは、夏の終わりや成人式後に出品するよりも、来シーズンまで取っておいた方がオークションでは高値がつく傾向があります。

レアものや限定ものを出品しよう

レアものや限定ものに予想以上の高値がつくのもオークションの醍醐味の一つです。値段については、事前に他のオークションの出品アイテムや市販品などで相場をチェックしてから付けるようにしましょう。

シリーズものは揃えて出品

書籍、漫画、DVDなどシリーズになっているものは、できるだけ巻数を揃えてオークションに出品すると単品で出品するよりも高く売ることができます。

オークションへの出品の準備はしっかりと

オークションで稼ぐには、商品の写真とタイトル、説明の良し悪しが結果を大きく左右します。出品する前には、しっかりと出品準備を行いましょう。

分かりやすいタイトルで入札者にアピール

入札者はまず商品に付けられたタイトルをチェックします。アピールポイントを分かりやすく盛り込み、入札者の購入意欲を高めるタイトルを考えましょう。

きれいな写真はオークションで稼ぐ決め手

写真を撮る人

オークションでは、写真の出来が商品イメージを決める重要な情報になります。「ピントが合っている」「ブレがない」などの基本的な部分はもちろん、一目で分かりやすい写真を撮ることが重要です。

商品の全体が分かる写真に加えて、ロゴマークやブランドマーク、保証書など付属の写真も掲載すると、より分かりやすくなると同時に、しっかり情報開示していることで入札者に安心感を与えることができるでしょう。

明確な商品説明を書こう

オークションに出品する商品の説明は、明確に書くよう心がけましょう。この時、商品の傷や故障、不具合などもきちんと記載しましょう。不利な情報だからと隠したまま出品して売ってしまうと、後でクレームをつけられるなどトラブルになる可能性があります。

落札後の対応も大切に

オークションに出品した商品が落札されたら、落札者に対してすぐに連絡を行い、商品到着まで誠意を持って対応することが大切です。

オークションでは、取引が終了したあと出品者と落札者がお互いを評価するシステムがあります。出品者としての評価が高い方が、次回の入札が増える可能性が高まります。

最後まで気を抜かずにしっかり対応しましょう。

02オークションの入札・落札(商品購入)のコツ―取引条件や送料も比較を―

スマホを持つ手の写真

それでは、オークションの入札・落札で商品を購入する場合を見ていきましょう。

入札時・落札時とも、商品情報や取引条件はもちろん、同じ商品の過去の入札状況、出品者の評価などを事前にしっかりチェックすることが大切です。

Yahoo!オークションを利用する場合は、Yahoo!プレミアムへの登録がおすすめです。

本サービスに登録すると、Yahoo!オークションの落札額の5%をTポイントで還元してもらうことができます。その他にもYahoo!ショッピングのポイント還元率アップやケンタッキーの割引、会員限定グルメクーポンの配布など、節約につながるサービスが多数利用できるので、月額料金を支払っても会員登録する価値は十分。

ちなみにソフトバンクユーザーであればYahoo!プレミアムの月会費は無料です。

商品情報は細かく見よう ―オークション入札前に相場をチェック―

オークションで商品を選ぶ時は、まず商品情報が掲載されているオークションページを見て、商品の写真や説明を細部まで確認しましょう。

価格については、相場をチェックして妥当な価格かどうかを検討することも大切です。

Yahoo!オークション」などのオークションサイトでは、商品について出品者に質問できるサービスがあります。不明な点があれば、遠慮なく問い合わせて、より詳しい情報を得るようにしましょう。

取引条件もしっかりチェック ―入金・配送方法、送料―

梱包作業の写真

入金方法や配送方法、送料などの取引条件もしっかり確認しましょう。

たとえば、入金方法が銀行振り込みの場合、口座を開設している銀行への入金であれば手数料が無料になることがありますが、口座を開設していない銀行へ入金する場合、手数料が高くついてしまうことがあります。

その点、「住信SBIネット銀行」や「楽天銀行(旧イーバンク)」などのネットバンキングを利用すれば、手数料が無料、もしくは安くなりお得です。

また、配送方法が宅配の場合、近くの地域からの出品であれば送料の負担が少なくて済みます

自行宛て 他行宛て
住信SBIネット銀行 無料 月3回まで無料
4回目以降は1回につき154円(税込)
楽天銀行 無料 3万円未満:165円、3万円以上:258円
メルマネなら最大でも165円(いずれも税込料金)

出品者の評価を参考に

オークションで取引が終了したあとは、落札者は出品者に対して評価を行います。

商品の発送や対応に問題のない出品者には「良い」評価がつきますが、対応が悪い場合などは「悪い」評価がつきます。オークション入札時の一つの参考にしましょう。

オークションの注意点

オークションは基本的に自己責任です。事前確認を怠ったために、代金を支払ったにもかかわらず商品が送られてこない、などのトラブルが起こることもゼロではありません。

後でトラブルにならないように、入札者は事前に注意事項などにしっかり目を通し、出品者は商品情報・取引情報を明確にして、お互いに迅速で的確な対応を心がけるようにしましょう。

03ヤフオクの基本をおさらいしよう

オークションサイトを利用するのであれば、今はもうYahoo!オークション(ヤフオク)の一択です。誰でも簡単にサービスをりようすることができますが、出品や入札・落札に一定の条件があるので、まずは基本をしっかり抑えておきましょう。

Yahoo!オークション

Yahoo!オークション画像

Yahoo!Japanが運営する日本最大のオークションサイト。利用者数・出品数ともに他を圧倒し信頼度も高い。システム利用料の1%をYahoo!ポイントに還元できるほか携帯からの入札、出品にも対応。

出品条件
  • 「Yahoo!プレミアム会員(月額410円/税込)」への登録
  • 「落札システム利用料」…落札価格の5.40%(税込)×数量分
入札・落札条件
  • 2013年10月7日から「誰でも入札0円」スタート
    ※特定カテゴリー(自動車車体、トラック車体、バス車体、オートバイ車体、ダンプ車体、セーリングボート、モーターボート、バスフィッシング用ボート、水上オートバイ、建設機械、重機車体、不動産)の入札については、Yahoo!プレミアム会員登録(月額399円)が必要

オークション活用法、いかがでしたか。

オークションは、不要な物を売って、必要な物を格安で買うという意味で、究極のリサイクルとも言えます。自宅に不要なものがあれば出品し、欲しい商品があればオークションサイトをチェックして、楽しく節約してみましょう。

最近は利用者が増えてきたことによって、どのオークションサイトも利用しやすくなっています。オークション未経験の方もぜひ参加してみて下さい。

あわせて読みたい

お金を増やす
ネット銀行比較

ポイントで節約
電子マネー活用のポイント