不要になった家具を処分する方法

家具 処分 方法

広告

  1. 節約生活ニュース

更新

不要になった家具を処分する4つの方法

家具の画像

日々の生活の中で出てくる不要品の中でも一番処分に困るのが家具ではないでしょうか?

家電製品であれば多くの店が買取を行っていますが、家具に関しては家電製品と比較すると、買取のハードルがぐっとあがるのが現状です。

今回の節約生活のニュースは、不要になった家具を賢く処分するための4つの方法をご紹介します。

不要になった家具の処分に困っている方は、是非チェックしてみてください。

不要になった家具を処分する方法 その1
廃品回収を利用する

まず誰もが一度は検討するのが廃品回収の利用です。廃品回収を依頼する場合、市町村に連絡した上で手数料を納付し、所定の期日にごみ置き場へごみを出せば完了です。

家具の回収にかかる費用は安ければ500円、高くても2,500円前後が一つの目安

家具の処分にあまり時間をかけられないという方は、廃品回収の利用が最も確実です。

不要になった家具を処分する方法 その2
家具買取業者を活用する

不用品を少しでもお金に変えたい、もしくは廃品回収よりも費用を抑えたいという方は、家具買取業者を活用すると良いでしょう。

検索画面の画像

家具買取業者は地元密着型が多いので、地域名+家具買取で検索する方法が有効です。ただし、1点注意しなければいけないことがあります。それは家具買取業者がすべての家具を買い取ってくれる訳ではないということ。例えば状態が悪い家具や、そもそもの買値が安く、中古として価値がない家具の買取には対応していないケースがほとんどです。

また買取できない商品に関しては、廃棄してくれる業者もいますが、その際は料金を支払う必要があります。

家具買取業者に依頼する際は、過度な期待はせず、廃品回収と比較した際、料金を節約できれば成功くらいに考えておくと良いでしょう。

不要になった家具を処分する方法 その3
オークション・フリマを利用する

検索画面の画像

家具を処分するまでにある程度時間の余裕がある方は、オークション・フリマの活用がおすすめです。

オークション・フリマを上手く活用することができれば、家具買取業者と比較しても高値で家具を買取してもらうことができます。

ポイントはできる限り家具をきれいな状態にして、オークション・フリマに出すこと。また家具は売却まで時間がかかるケースが多いので、出品期間はある程度余裕を持っておいたほうが良いでしょう。大きな家具は送料がかかるため、事前に送料を調べ、明記しておくと、より買い手がつきやすくなります。

ネット上には様々なオークション・フリマサイトがありますが、現時点(2018年5月時点)ではヤフオクが圧倒的。出品数、入札率共に他を圧倒しているので、まずはヤフオクの利用がおすすめです。

ヤフオク

Yahoo!オークション画像

Yahoo!Japanが運営する日本最大級のオークション・フリマサイト。入札によって価格がせり上がっていくオークション機能に加え、決まった値段で出品し、値段交渉を行えるフリマ機能も搭載。出品する商品に応じて利用すると良いだろう。他のオークション・フリマサイトと比較しても、入札実績で他を圧倒。高値での買取を期待するのであれば、ヤフオクは外すことができないサービスと言える。

ヤフオクをチェックする

不要になった家具を処分する方法 その4
引越し業者を活用する(引越しのタイミングのみ)

引越しに伴い、不要な家具が出てきた方は、引っ越し業者に家具の買取を依頼するのも有効な方法です。

高値での買取は期待できませんが、引っ越し作業の一環として買取を行ってくれる傾向があるので、普通は買取が難しいものでも0円査定で買い取ってもらえることも少なくありません。

家具買取サービスを実施している大手の引越し業者を中心に査定を依頼してみてはいかがでしょう。

クロネコヤマト不要品買取サービス

クロネコヤマト不要品買取サービス画像

不要になった家具や家電を引越しのタイミングで買い取ってくれるクロネコヤマトのオリジナルサービス。商品が廃棄になる場合も原則として廃棄手数料0円(※一部例外あり)で処分。買取できる商品であればプラスになるケースも。引越しのタイミングで家具を整理したいと考えている方は要チェック。

クロネコヤマト不要品買取サービスをチェックする

あわせて読みたい

お金を増やす
オークションで稼ぐコツ

お金を増やす
古着の宅配買取

お金を増やす
マンガ買取比較