クレジットカードを使った節約術。ポイント還元率のよいカード、保険機能の充実したカードなど

クレジットカードを使った節約術を紹介

広告

  1. クレジットカードで節約

クレジットカードで節約

クレジットカードで節約

「クレジットカードで節約」を活用した際の節約額は年間約21,190です

※年会費無料のイオンカードセレクトを利用した場合の節約額を試算

月5万円スーパーで食品類の買い物を行い、3万円を毎月20日もしくは30日に、2万円をその他の日に買い物したとすると、

20日、30日の感謝デーは5%割引
30,000円×0.05×12=年間18,000円節約!

通常の日のポイントはカード利用200円につき2ポイント
20,000円×0.001×12=年間2,400円節約!

さらに100万円をイオン銀行の普通預金に預けていた場合、
1,000,000×0.00079=790円お得!

18,000円+2400円+790円=合計年21,190円節約に!

節約額の試算内容を詳しく見る

節約には、大きく分けて2つの方法があります。一つは、暮らしの中の余分な出費を削る方法。もう一つは、必要なものをお得に手に入れることで、結果的に節約をする方法です。クレジットカードを使った節約方法は後者になります。

ショッピング代金や公共料金の支払いに利用するだけで節約効果が得られるクレジットカードは、数ある節約の中でも、もっとも簡単に実践できる方法の一つ。

今回の特集では、クレジットカードのお得な使い方と選び方をご紹介します。

01クレジットカードのポイント

ショッピングモール

現金払いとクレジットカード払いの最大の違いは、カードを利用することで発生するポイントにあります。

たとえば、1万円の商品を買った場合、代金を現金で支払えば財布から1万円がなくなるだけですが、クレジットカードで支払えば、その1万円に対して規定のポイントが付与されます。

このポイントを貯めていくと、様々な商品やギフト券に交換することができるのです。(※交換できる商品は、カード会社によって異なります。)

つまり、同じ1万円を使った場合でも、クレジットカードで支払えば、ポイント分だけ商品が値引きされていると考えることができます。

女性

ただし、ここで注意しなければいけないのは、クレジットカードであればどのカードでも同じではないという点です。

実は、クレジットカードのポイント還元率はカードにより大きく異なります。一般的なカードと、お得なカードの差は実に数倍。

下記は代表的なクレジットカードの一つ、JCBカードと三井住友VISAカードと、編集部が厳選したポイント還元率が高いカードの比較表です。

この表を見ると、ポイント還元率の違いは一目瞭然です。クレジットカードを利用して、賢く節約しようと考えているユーザーは、ポイント還元率の違いをしっかりチェックしましょう。

クレジットカードのポイント還元率を比較!

JCBカード(一般)

  JCBカード(一般)画像

年会費 初年度無料
(次年度以降1,250円/税別)
ポイント付与 1,000円に付き1ポイント
1万円利用した場合 10ポイント
年間50万円利用した場合 500ポイント
ギフト券換算 1,000ポイントでJCBギフト券5,000円
ポイント還元率 0.5%

三井住友VISAカード

 三井住友VISAカード画像

年会費 初年度無料
(次年度以降1,250円/税別)
ポイント付与 1,000円に付き1ポイント
1万円利用した場合 10ポイント
年間50万円利用した場合 500ポイント
ギフト券換算 1,000ポイントでVISAギフト券5,000円
ポイント還元率 0.5%

オリコカード・ザ・ポイント

 オリコカード・ザ・ポイント画像

年会費 無料
ポイント付与 カード利用100円につき1ポイント
1万円利用した場合 100ポイント
年間50万円利用した場合 5,000ポイント
ギフト券換算 500ポイントからAmazonギフト券他、提携ポイントに交換可能
ポイント還元率 1%
その他 カード入会から半年間はポイント2倍!

楽天カード

 楽天カード画像

年会費 無料
ポイント付与 100円につき1ポイント
(楽天でポイント2倍、毎週金曜日・土曜日はポイント3倍、加盟店での利用で最大ポイント3倍
1万円利用した場合 100ポイント
年間50万円利用した場合 5,000ポイント
ギフト券換算 1ポイント=1円で楽天でのショッピングに利用可能
ポイント還元率 1%
その他 入会&カード利用で最大5,000ポイントプレゼント!

また、ポイントサービスがない公共料金等の支払いも、クレジットカードで支払えばポイントが貯まります

携帯電話や新聞代、電気代等を口座引き落としや現金で支払っている方は、この機会に支払い方法を見直してみると良いでしょう。

02クレジットカードに付帯する保険機能を活用

空港

クレジットカードにはポイントサービスの他にも様々な付帯サービスがありますが、中でもとくに便利でお得なのが保険機能です。

たとえば、海外に行く場合、事前に掛け捨ての旅行保険などをかけて行くことが一般的とされていますが、一部のクレジットカードには、この国内・海外旅行保険が無料で付帯しています。

つまり、旅行保険付きクレジットカードを持っている人は数千円の保険料が浮くことになります。

この他にも、オンラインショッピングでの不正利用を補償するカード、ロードサービスが無料で付帯するカードなどもあります。自分が欲しい保険機能が付帯しているクレジットカードを持つと、いざという時に大活躍してくれるでしょう。

編集部厳選!付帯保険が充実したクレジットカード

楽天カード

楽天カード画像

年会費永年無料

主な付帯保険

  • 商品未着あんしん制度
  • ネット不正あんしん制度
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

その他特典

海外旅行傷害保険は傷害治療費用200万円、疾病治療費用200万円、救援者費用200万円、携行品損害20万円をカバー

NTTグループカード

NTTグループカード画像

年会費永年無料

主な付帯保険

  • オンラインショッピング安心サービス100万円
  • 国内旅行傷害保険最高1,000万円(自動付帯)
  • シートベルト障害保険200万円

その他特典

ドコモの利用料金が最大で60%OFF

ENEOSカード

 ENEOSカード画像

年会費年1回以上の利用で無料

主な付帯保険

  • ロードサービス(24時間365日)
  • 海外旅行障害保険2,000万円

その他特典

ENEOSのサービスステーションで利用するとガソリンが2円/リットル、軽油が1円/リットルお得

03クレジットカードを活用し、日常生活の中で節約!

誕生日やネットショッピング、日常の中で利用するスーパー等、特定のシーンや特定の店舗を利用する際に大活躍してくれるクレジットカードも要チェックです。

お得に使えるシーンは限定されますが、上手く活用することができれば、圧倒的な力を発揮し、日々の節約にも大いに役立ってくれるはず。

そういえばあの店舗を利用する機会が多いなぁという方は、この機会に保有するクレジットカードを見直し、自分のライフスタイルに合った1枚に乗り換えてみてはいかがでしょう?

編集部厳選!特定サービスがお得なクレジットカード

ライフカード

ライフカード画像

年会費永年無料

主な特典

入会から1年間はポイントが1.5倍、誕生日月はポイントが3倍に!誕生日月のポイント還元率は1.5%以上と驚異的!

ルミネカード

ルミネカード画像

年会費初年度無料、次年度以降953円(税抜)

主な特典

ルミネでカードを利用するとファッション、飲食、本他、ほとんどすべての商品が5%OFF!さらに年に数回10%ポイントアップキャンペーンを実施!

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト画像

年会費永年無料

主な特典

毎月20日、30日はイオングループ感謝デー。イオングループでの買い物が5%OFFに!
イオンカードセレクトユーザーはイオン銀行の普通預金金利が0.1%にアップ!

あわせて読みたい

変動費の節約
マイル旅行でお得に節約

ポイントで節約
節約クレジットカード比較