旅行費や出張費の節約に効果大!新幹線もホテルも安くなるおすすめの方法をチェック

新幹線のチケット代 ホテル 節約

広告

  1. ホーム
  2. 変動費を節約
  3. 新幹線+ホテルパックを活用し、旅行費や出張費を節約する方法

新幹線+ホテルパックを活用し、旅行費や出張費を節約する方法

新幹線+ホテルパックを活用し、旅行費や出張費を節約する方法

「新幹線+ホテルパックを活用し、旅行費や出張費を節約する方法」で購入した場合の節約額は年間約33,840です

1年間に新横浜から広島への帰省2回と、東京から仙台への国内旅行で、計3回新幹線を利用したと仮定

新幹線とホテルを通常料金で利用した場合

年2回の広島帰省費用 = 72,620円

「のぞみ」の指定席を新横浜駅から広島駅まで利用

往復料金:36,310円/名(往復割引乗車券を適用)

※片道601㎞以上で往路・復路ともに乗車券が1割引で購入可能

年1回の仙台旅行費用 = 33,120円

「やまびこ」の指定席を東京駅から仙台駅まで利用

往復料金:21,120円/名

仙台市内のホテルに素泊まり2泊

セミダブル料金:12,000円(6,000円×2)

年間のトータル費用 : 72,620円 + 33,120円 = 10万5,740円

新幹線+ホテルパックを利用した場合

年2回の広島帰省費用 = 49,800円

「のぞみ」の指定席を新横浜駅から広島駅まで利用 + 広島市内のホテルを1泊のみ利用

新幹線往復+宿泊費:24,900円/名

※2名から申し込めるプランを利用

年1回の仙台旅行費用 = 17,100円

「やまびこ」の指定席を東京駅から仙台駅まで利用 + 仙台市内のホテルを2泊利用

新幹線往復+宿泊費:17,100円/名

※2名から申し込めるプランを利用

年間のトータル費用 : 49,800円 + 17,100円 = 6万6,900円

年約38,840円の節約!

節約額の試算内容を詳しく見る

新幹線+ホテルパックを活用し、旅行や出張費を節約しよう

出張や旅行の際、できるだけ安くしたいのが新幹線代とホテル代。
ホテルだけであれば選択肢も多く、安いところを探せば問題ありませんが、新幹線代の場合、そうはいきません。新幹線は飛行機とは異なり、格安航空券という選択肢がないのが一般的。そのため、新幹線代を節約するは難しいと考えている方も多いのではないでしょうか?

実は、新幹線とホテルをセットにした「新幹線+ホテルパック」を利用すると、ホテル代に加え、新幹線代も節約することが可能。より安い料金で旅行や出張に行けるのです。

そこで本特集では、この新幹線+ホテルパックに注目。旅行費や出張費を節約する際に活用したい、おすすめの新幹線+ホテルパックについてわかりやすくご紹介します。
さらに、新幹線+ホテルパックの支払いに利用することで、効率よくポイントを貯めることができるおすすめのクレジットカードについての紹介も。
新幹線を利用した旅行や泊りがけの出張に行くことが多く、旅行費・出張費を少しでも節約したいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

新幹線+ホテルパックとは? 予約方法や利用時の注意点

新幹線を利用した旅行や出張の費用を節約する際、上手く活用したいのが、旅行会社が提供する新幹線+ホテルパックの利用です。
はじめに、新幹線+ホテルパックを利用する際に知っておきたい予約方法や利用時の注意点などについて見ていきましょう。

新幹線+ホテルパックとは?

新幹線+ホテルパックとは、JR系列の旅行会社や、大手旅行会社が取り扱っている新幹線の切符とホテルの宿泊がセットになったプランのこと。この新幹線+ホテルパックを利用すれば、通常よりも安い料金で新幹線の切符を購入することが可能。さらにホテルも安く料金で宿泊することができます。
新幹線とホテルを別々に予約した場合と比較し、料金を安く抑えられる点は、『新幹線+ホテルパック』を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

では、なぜ新幹線とホテルをセットにすると費用を安くできるのでしょうか?
その理由は、新幹線の料金が「旅行会社用」に安く設定されているため。旅行会社はJRとの取引によって「特別割引の乗車票」を用意しており、それをホテルとセットにして新幹線+ホテルパックとして利用者に提供しているのです。

そのため、新幹線+ホテルパックは旅行会社経由でのみ購入可能となっています。

新幹線+ホテルパックの種類

新幹線+ホテルパックは、2名以上での利用限定格安プランや出張者向けの単身プラン、到着日の初日や1泊のみホテルへの宿泊が必須なプランもあれば、全日程でホテルへの宿泊を必須としたプランなど、旅行会社によってさまざまです。

たとえば、2泊3日の大阪・神戸出張に行く際、初日と2日目とで宿泊するホテルを変えたいというビジネスマンの場合、宿泊に関して融通の利くプランを選ばなければなりません。
一方、4泊5日でガッツリ東京観光だけを楽しみたいという場合、連泊割引が受けられるプランを利用することで、旅行代を節約することができます。
新幹線+ホテルパックを利用する際は、自分の目的に合ったプランを選ぶことが大切です。

新幹線+ホテルパックの一般的なプラン
  • 2名以上での利用限定のプラン
  • 1名でも利用できる出張・ひとり旅向けのプラン
  • 初日のみ、または旅程のどこか1泊のみOKのプラン
  • 旅程すべて同一ホテルに宿泊するプラン

新幹線+ホテルパックの予約と利用方法

新幹線+ホテルパックの予約は旅行会社で行います。予約後はクーポンと呼ばれる新幹線やホテルの利用券を「受取り」、当日、クーポンを持って通常の旅行や出張と同じように「出発」するだけ。新幹線+ホテルパックは簡単に利用することが可能です。

ただ、新幹線+ホテルパックを利用する際に注意したいのが、いつ予約をするか。ネットや電話で新幹線+ホテルパックの予約を行う場合、クーポンの配送に時間がかかるため、出発日より3日から1週間ほど余裕がないと予約を受け付けていないケースがほとんど。新幹線+ホテルパックを利用する際は、余裕をもって予約しておくのがおすすめです。

新幹線+ホテルパック 利用の流れ

step1
旅程を予約する
  • 公式サイトで予約する
  • 電話で予約する
  • 店舗に行って予約する
step2
クーポンを受け取る
  • 宅配便で受け取る
  • 店舗で受け取る
  • コンビニや郵便局、宅配ロッカーで受け取る
step3
出発する
  • 受け取った切符を持って、新幹線に乗る
  • クーポンを持って、ホテルにチェックインする

新幹線+ホテルパックを利用する際の注意点

新幹線+ホテルパックで利用する新幹線の切符は、JRが旅行会社用に発券する「特別割引の乗車票」と呼ばれる特殊なもの。そのため、通常の切符のように「みどりの窓口」での予約変更や払戻しのサービスを受けることができません

旅行会社の店舗で購入したものであれば、購入店舗でのみ日時変更を受け付けているケースもありますが、原則として予約の変更は不可。どうしても予約の変更が必要な場合は、一度予約を取消し、そのあと改めて予約を取り直す必要があります。また、出発日の21日前を過ぎている場合、取消手数料が発生するケースもあるため注意しましょう。

なお、新幹線+ホテルパックは基本的に2名以上での利用を想定しており、1名のみでは利用をできないプランが多い点にも注意が必要です。

新幹線+ホテルパック まとめ
  • 新幹線+ホテルパックは、JRが旅行会社用に発券する「特別割引の乗車票」を利用
  • ネット・電話で予約する際は、出発日より3日から1週間前ほど余裕を持っておくこと
  • 利用の流れは、「予約」→「受取り」→「出発」
  • 「みどりの窓口」では、乗車日時の変更や払戻しは不可
  • 2名以上の利用を想定しており、1名利用は不可のプランも多い

このように『新幹線+ホテルパック』は料金が安いかわりに、予約の変更やキャンセルに関する制約が多くなっています。不確定要素が多い旅行や急な出張での利用には注意が必要です。

旅行費や出張費の節約におすすめの「新幹線+ホテルパック」 

新幹線とホテルを安く予約したい人におすすめ!JR西日本のグループ会社が提供する充実したパックとリーズナブルな料金が魅力の「新幹線+ホテルパック」

日本旅行

日本旅行画像

名称 JR・新幹線+宿泊セットプラン
新幹線の利用可能区間 東海道、山陽、上越、東北、北海道、九州
ホテルの種類 ビジネスホテル、シティホテル、高級ホテル、リゾートホテル、温泉旅館など
料金例 「のぞみ」の指定席を東京駅から新大阪駅まで + 大阪市内のホテルを1泊2名で利用:新幹線往復+宿泊費:20,600円/名~
支払方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込(※出発日の1ヶ月前まで選択可能)
予約可能日時 出発日6ヶ月前から3日前12時(正午)まで予約可能
旅程 1泊~5泊(最長6日間)
切符の受取方法
Web予約の場合
  • 宅配便による指定場所への配送
    ※出発の7日前を目途に順次発送
  • コンビニ、郵便局、はこぽす(日本郵便の宅配ロッカー)での受取り
    ※出発日の14営業日、午前11:59までの申込みが必須
店舗予約の場合
  • 店舗での受取り
予約の変更
Web予約の場合
プラン設定範囲内の減泊および人数変更のみ可
店舗予約の場合
旅行開始前であれば、1回に限り予約取扱店舗で乗車時間などの変更も可能
特徴
  • 全国に約230の店舗カウンターあり
  • ホテルは1泊のみの利用から可能
  • 出張や一人旅で使いやすい1名利用プランあり

お得情報

  • 7日前までの予約で早期申込割引あり
  • 2名以上から利用できるスペシャルプランあり

日本旅行は創業100年以上の歴史を持つ日本初の旅行会社。JR西日本の連結子会社であり、新幹線をはじめとしたJRを利用するツアーやプランを豊富に用意。さらに、他のサービスと比較しても、安い料金を実現している。

日本旅行の新幹線+ホテルパックでは、ホテルの利用は1泊のみから可能。たとえば、夏季休暇で1週間ほど帰省するが、1泊だけホテルを利用する、といった使い方もできる。ホテルの宿泊日数に制限がない点は、日本旅行の新幹線+ホテルパックの大きな魅力の1つ。
また、予約した新幹線やホテルの利用券は、自宅だけではなく、コンビニや郵便局、はこぽす(※日本郵便の宅配ロッカー)で受取り可能。特に、24時間、いつでも利用券をコンビニやはこぽすで受け取れる点は高く評価できる。さらに、店舗で予約した場合に限り、新幹線の日時も1回だけ変更できる点も便利なポイント。

行き届いたサービスとリーズナブルな料金で、日本旅行は2018年度・旅行業種顧客満足度No.1を受賞(※公共財団法人日本生産性本部(JCSI)調べ)している。旅行や出張の際、新幹線+ホテルパックを利用するのであれば、日本旅行はぜひチェックしておきたい。

日本旅行をチェックする

業界最大手「JTB」が提供する新幹線+ホテルパック。支払方法と店舗数の多さが魅力

JTB

JTB画像

名称 国内ダイナミックパッケージ(JR・航空+宿)
新幹線の利用可能区間 東海道、山陽、上越、東北、北海道、九州
ホテルの種類 ビジネスホテル、シティホテル、高級ホテル、リゾートホテル、温泉旅館など
料金例 「のぞみ」の指定席を東京駅から新大阪駅まで + 大阪市内のホテルを1泊2名で利用:新幹線往復+宿泊費:23,100円/名 ~
支払方法
  • クレジットカード
  • 店舗支払い
  • 銀行振込
  • 現地支払い
  • コンビニ支払い
予約可能日時 出発日186日前から4日前まで
旅程 1泊~10泊(最長11日間)
切符の受取方法
Web・電話予約の場合
  • 宅配便による指定場所への配送
店舗予約の場合
  • 店舗での受取り
予約の変更 プラン設定範囲内の減泊および人数変更のみ可
特徴
  • 全国に約917の店舗カウンターあり
  • JTBトラベルポイントが貯まる
  • 2日目以降は宿泊なしでもOK
  • 出張や一人旅で使いやすい1名利用プランあり
  • 乗継先も一緒に予約可能

お得情報

  • 7日前までの予約で早期申込割引あり
  • 日付け指定の直前割あり

JTBは日本国内最大級の大手旅行会社。全国に展開する店舗数は917と圧倒的に多く、気軽に店舗で新幹線+ホテルパックの予約をすることができる。

JTBでは企画力を活かした多彩な新幹線+ホテルパックを用意。ビジネスやひとり旅に最適な「出張パック」や日にちと行き先がマッチすればお得度の高い「ダイナミックJTBスペシャルダイジェスト」など、利用者のニーズに合わせたプランを多数用意している。
またJTBの新幹線+ホテルパックでは、ホテルへの宿泊は旅程の初日のみ必須。たとえば、4泊5日の岐阜旅行に行くために東京から名古屋まで新幹線を利用し、到着日の夜だけ名古屋市内のホテルに宿泊。2日目からレンタカーを使い、岐阜県内の好きな場所に滞在するといった旅行にも利用ができる。

また、JTBでは多数の支払い方法を用意。他社の多くがクレジットカードや銀行振込での支払いにのみ対応しているのに対し、JTBではコンビニ支払いや店舗支払いにも対応。「ネットで予約→店舗で支払い→そのまま利用券を受け取る」という使い方もできる。ただし、予約した新幹線+ホテルパックの変更は原則受け付けておらず、プラン設定範囲内の減泊および人数変更のみ変更可能である点には注意が必要。
店舗数も多く、様々な支払方法にも対応しているため、特に新幹線+ホテルパックを初めて利用する人であれば、JTBはぜひチェックしておきたい旅行会社だろう。

JTBをチェックする

家族旅行や連泊利用におすすめ!シンプルで分かりやすいサイト表示でスムーズに予約できる

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリスト画像

名称 JR+宿泊(ダイナミックパッケージ)
新幹線の利用可能区間 東海道、山陽、上越、東北、北海道、九州
ホテルの種類 ビジネスホテル、シティホテル、高級ホテル、リゾートホテル、温泉旅館、ログハウスなど
料金例 「のぞみ」の指定席を東京駅から新大阪駅まで + 大阪市内のホテルを1泊2名で利用:新幹線往復+宿泊費:21,500円/名 ~
支払方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
予約可能日時 出発日3ヶ月前から6日前まで予約可能
旅程 1泊~6泊(最大7日間)
切符の受取方法 宅配便による指定場所への配送
※出発の7日前を目途に順次発送
予約の変更 最終旅程表を発送する前あれば、1回に限り同日・同一区間・同一種別の列車への変更が可能
※旅行出発後は列車および指定席の変更は不可
特徴
  • 全国に約565の営業カウンターあり
    ※JR・新幹線+宿泊セットはオンライン予約限定受付
  • 出張や一人旅で使いやすい1名利用プランあり
  • 日ごとのホテル変更や旅程のうち1泊のみの利用は不可

お得情報

  • 21日前までの予約で早期申込割引あり
  • 2泊以上の連泊割引あり

近畿日本ツーリストは全国に500以上の店舗を展開する業界大手の旅行会社。オンライン限定で新幹線+ホテルパックを取り扱っている。
近畿日本ツーリストの新幹線+ホテルパックの特徴は、宿泊施設の取り扱いが多い点。また、絞り込み検索をする際に「ひとり旅」や「早期申込み割引・特色」、「ファミリーにおすすめ」などニーズに沿ったカテゴリが用意されており、サイトが使いやすい点も魅力だろう。

近畿日本ツーリストでは、旅程の初日や1泊のみホテル利用可、といったプランは用意していないが、代わりにホテル利用が2泊以上の場合、連泊割引が適用されるプランを用意。連泊割引は1名1泊につき500円引きになるので、1か所に2泊以上滞在する場合、上手く活用すると良いだろう。また、近畿日本ツーリストでは、最終旅程表を発送する前あれば、1回のみ、同日・同一区間・同一種別の列車への変更に対応している点もチェックしておきたい。
近畿日本ツーリストは、利用人数の多い家族旅行や、ホテルの連泊利用を考えている方に特におすすめ。

近畿日本ツーリストをチェックする

「新幹線+ホテルパック」の予約でポイントが貯まる!おすすめのクレジットカード

新幹線+ホテルパックを利用した場合でも、旅行費や出張費は高額になりがちです。少しでも旅行費や出張費を節約するのであれば、支払いにクレジットカードを利用し、ポイントを貯めるのがおすすめ。

本チャプターでは、日本旅行やJTBで新幹線+ホテルパックを利用する際、支払いにクレジットカードを利用すると、ポイント還元率が大幅にアップし、お得にポイントが貯められるクレジットカードをご紹介します。

ライフカード

ライフカード画像

おすすめポイント
ライフカード会員限定のショッピングモールを利用すれば、日本旅行もJTBもポイント還元率が4倍にアップ!効率よくポイントが貯められるお得なクレジットカード

年会費 永年無料
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
※発行手数料・年会費無料
ポイント還元率
  • 基本ポイント還元率:1%
  • 最高ポイント還元率:1.5%
※L-MALL利用時は最大25倍
ポイントアップする新幹線+ホテルパックの予約サイト
  • 日本旅行(4倍)
  • えきねっと びゅう国内ツアー(7倍)
  • じゃらんnet(4倍)
  • HIS(2倍)
  • 日本近畿ツーリスト(3倍)
  • るるぶトラベル(3倍)
  • JTB(4倍)
  • 楽天トラベル(2倍)
  • マイナビトラベル(4倍)

ライフカードは大手信販会社ライフが発行する年会費永年無料のクレジットカード。 ポイント還元率は1%と他のクレジットカードと比較しても平均的だが、ライフカード会員限定のショッピングモール「L-Mall(エルモール)」を経由し、ネットショッピングを行うと、最大25倍までポイント還元率がアップする。 ちなみに、L-Mallには楽天市場やビックカメラ、髙島屋オンラインストアなど500以上ものショップがあり、なかには「日本旅行」や「JTB」、「近畿日本ツーリスト」なども含まれている。

また貯めたポイントは、1ポイント最大5~10円相当でAmazonギフトカードやJTB旅行券などに交換可能。ポイントの使い勝手がいい点も大きな魅力といえるだろう。 新幹線+ホテルパックの支払いをクレジットカードで行い、お得にポイントを貯めたい人にとって、ライフカードはぜひ利用を検討したい一枚。

ライフカードをチェックする

Column

「新幹線+ホテル」パックの予約でPontaポイントを貯める

節約を意識している方のなかには、新幹線+ホテルパックの料金支払いで、TポイントやPontaポイントを貯めたいと考えている方も多いのではないでしょうか? 実はYahooトラベルやTトラベル、ローソントラベルなど、TポイントやPontaポイントが貯まる旅行サイトでも日本旅行やJTBの商品の予約に対応。

また、日本旅行と提携している「じゃらんnet」を利用すれば、効率よくPontaポイントを貯めることが可能です。 TポイントやPontaポイントを貯めている人は、新幹線+ホテルパックを利用する際、お得にポイントを貯められる旅行会社を上手く活用すると良いでしょう。

じゃらんnet

じゃらんnet画像

名称 赤い風船JRじゃらんパック
ホテルの種類 ビジネスホテル、シティホテル、高級ホテル、リゾートホテル、温泉旅館、ログハウスなど
料金例 「のぞみ」の指定席を東京駅から新大阪駅まで + 大阪市内のホテルを1泊2名で利用:新幹線往復+宿泊費:21,700円/名 ~
支払方法
  • クレジットカード(申込みをする本人名義のカードのみ利用可能)
切符の受取方法
  • 宅配便による指定場所への配送
    ※出発の7日前を目途に順次発送
  • コンビニ、郵便局、はこぽす(日本郵便の宅配ロッカー)での受取り
    ※出発日の14営業日、午前11:59までの申込みが必須
予約の変更 プラン設定範囲内の減泊および人数変更のみ可

お得情報

  • Pontaポイントが貯まる・使える
  • 7日前までの予約で早期申込割引あり
  • バラエティーに富んだお得なクーポンを多数配布

じゃらんnetでは、日本旅行と提携し、企画・販売する新幹線+ホテルパック「赤い風船JRじゃらんパック」が購入可能。ちなみに、「赤い風船JRじゃらんパック」の新幹線+ホテルパックは、日本旅行で販売されている「JRコレクション」などと遜色のないプランを展開している。
また、旅行費や出張費でPontaポイントを貯めることができるので、Pontaポイントを貯めているユーザーは上手く利用すると良いだろう。
さらにPontaポイントは、リクルートが運営する「Hot Pepperグルメ」での利用にも対応しているので、旅行や出張で外食する際、ぜひチェックしておきたい。

じゃらんnetをチェックする

じゃらんnetの利用でPontaポイントが貯まるクレジットカード

リクルートカード

リクルートカード画像

年会費 永年無料
追加カード
  • 家族カード(年会費無料)
  • ETCカード(年会費無料)
    ※ETC発行手数料:Mastercard/Visa:1,100円(税込)、JCB:無料
ポイント還元率
  • 基本ポイント還元率:1.2%
  • 最高ポイント還元率:4.2%
    ※ポンパレモールを利用した場合、商品により最大21.2%
ポイントアップする提携サイト
  • じゃらんnet
  • Hot Pepperグルメ
  • Hot Pepperビューティー
  • ポンパレモール

リクルートカードは、大手求人広告・人材派遣業などのサービスを手掛けるリクルートホールディングスが発行するクレジットカード。年会費永年無料ながら、1.5%という高いポイント還元率を実現。さらに、新幹線+ホテルパックを取り扱う「じゃらんnet」で利用すると、ポイント還元率が3.2%までアップし、リクルートのオンライン通販サイト「ポンパレモール」でリクルートカードを使うと、ポイント還元率は4.2%にアップする。
ちなみに、「Ponta Web」に登録すると、貯めたポイント(リクルートポイント)を、「1リクルートポイント=1 Pontaポイント」に交換可能。
リクルートカードは、新幹線+ホテルパックを取り扱う「じゃらんnet」で利用すると、ポイント還元率が3.2%までアップ、リクルートカードは、Pontaポイントを効率よく貯めたいと考えている人であれば、ぜひ持っておきたい一枚。

リクルートカードをチェックする

まとめ

上手く活用することで、旅行費・出張費を節約できる新幹線+ホテルパックを取り上げた今回の特集はいかがでしたか?

なかなか節約が難しい新幹線代やホテル代ですが、日本旅行やJTB等の旅行会社が提供する「新幹線+ホテルパック」を利用すれば旅費・出張費をグッと安く抑えることが可能です。 さらに、新幹線+ホテルパックの料金支払いに、旅行会社と相性の良いクレジットカードを利用すれば、効率よくポイントを貯めることができます。

新幹線を利用しての旅行や出張に行く予定のある方は、本特集を参考に、「新幹線+ホテルパック」を利用して、旅行費や出張費を賢く節約しましょう。

  • Facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あわせて読みたい

変動費を節約
JALの国内線の航空券を最も安く買う方法

変動費を節約
新運賃でANA国内線の航空券を安く買う方法

ポイントで節約
クレジットカードで節約