1. ホーム
  2. ポイントで節約
  3. 楽天経済圏の攻略法とは?日々の生活でお得にポイントを貯める7つの方法

楽天経済圏の攻略法とは?日々の生活でお得にポイントを貯める7つの方法

  • ポイントで節約
メインビジュアル
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • ツイートする
  • はてなブックマークに追加

著者画像

author加藤良大

楽天経済圏とは?

楽天経済圏とは、楽天株式会社が提供する多種多様なサービスによって構成される経済圏のこと。楽天カードや楽天市場、楽天銀行、楽天ブックスなど、楽天のさまざまなサービスを利用することで、「楽天ポイント(1ポイント=1円)」を効率よく貯められます

例えば、「楽天ひかり」と「楽天モバイル」を契約すると、楽天市場でのお買い物が+2倍(2021年2月時点)になるため、1万円分の買い物をした場合、通常100円分のところ、300円分の楽天ポイントが貯まります。

つまり、楽天経済圏を攻略できれば、普段の2倍、3倍とお得にポイントを貯めることが可能です。楽天では、通販サイトや銀行、インターネット回線、格安スマホ、保険、証券など、生活に欠かせないサービスを多数展開しているため、上手く活用するのがおすすめといえるでしょう。

そこで、今回は、楽天経済圏の攻略法にスポットを当て、楽天サービスの併用でポイントをお得に貯める方法や、利用したいサービス、活用のポイント等をご紹介します。

節約額試算

このページを活用した際の節約額は

年間約 32,000です

SPUをフル活用し、ポイント16倍(※ポイント還元率16%)で楽天市場で年間20万円の買い物をした場合
年間20万円×16%=32,000円分相当の楽天ポイントをゲット

年間32,000円のお得!

節約額の試算内容を詳しく見る

楽天経済圏攻略のマストアイテム「楽天カード」

楽天カードサイトキャプチャ画像
※楽天カード公式サイトのイメージ画像

楽天経済圏の攻略には、「楽天カード」が必須です。楽天カードは、加盟店や楽天市場などで使用するとポイント還元率が上がるため、効率よく楽天ポイントを貯めることができます。

はじめに、楽天カードの特徴やポイント還元率、年会費などについて、詳しくみていきましょう。

年会費 永年無料
※楽天ゴールドカードの場合:2,200円/楽天プレミアムカードの場合:11,000円
楽天ポイント ポイント還元率:1%(カード利用100円につき1ポイント)

楽天カードは、年会費無料、ポイント還元率1%のクレジットカード。楽天カードで支払うと、楽天市場でポイントが最大3倍、楽天トラべルで最大2倍、楽天カード優待店舗で2倍以上にアップする等、楽天ポイントをお得に貯めることが可能。楽天経済圏の攻略に欠かせないカードと言える。

また、「新規入会&カード利用で5,000ポイントプレゼント」や「楽天プレミアムカードへの切り替えで3,000ポイントプレゼント」など、定期的にお得なキャンペーンを開催(2021年2月時点)。さらに、最大2,000万円の海外旅行傷害保険や、レンタカー優待、Wi-Fiレンタル優待、空港ラウンジの無料利用など、安心のサポートやお得な優待サービスが充実している点もチェックしておきたい。

楽天カード公式サイトへ行く

楽天経済圏の攻略法~日々の生活でお得にポイントを貯める7つの方法

楽天ポイントは、少しの工夫でザクザク貯まるのが最大の特徴です。例えば、ポイント還元率アップやポイントの二重取りを上手く活用すれば、通常の5倍以上のペースでポイントを貯めることも可能。

ここでは、楽天経済圏を攻略し、日々の生活で楽天ポイントをお得に貯める7つの方法をご紹介します。

楽天経済圏の攻略法 その1楽天グループのキャッシュレス決済を活用する

スマホを持つ女性の画像

楽天グループでは、「楽天キャッシュ」と呼ばれる電子マネーを提供しており、楽天カードから楽天キャッシュにチャージして支払いを行うことで、ポイントの二重取りができます

例えば、楽天ペイや楽天Edyなどの電子マネーを使用する際に、楽天カードから楽天キャッシュへチャージすると、0.5%分のポイントが付与され、チャージした分を使い、楽天ペイや楽天Edyで買い物をすると、さらに1%のポイント還元が受けられます。つまり、ポイントの二重取りによって合計1.5%のポイント還元を受けることができるのです。

年間20万円分の買い物をしたとすると、ポイント還元率が1%と1.5%では1万円分もの差が生じます。

楽天経済圏を攻略する際は、楽天キャッシュや楽天ペイ、楽天Edyなど、キャッシュレス決済を上手く活用し、お得にポイントを貯めることが大切です。

楽天経済圏の攻略法 その2SPUでポイントアップ

楽天経済圏攻略の要とも言えるのが「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」。SPUとは、対象サービスを利用したり、所定の条件を満たしたりすることで、楽天市場での買い物時のポイント還元率が最大16倍までアップするプログラムです
ちなみに、2021年2月現在、楽天の調査によると、楽天会員の10人中7人以上がSPUを利用しています。

SPUの対象サービスとポイントアップ率は次のとおりです。(2021年2月時点)

SPUの対象サービスとポイントアップ率
楽天モバイル +1
楽天ひかり +1
楽天カード +2
楽天プレミアムカード・ゴールドカード +2
楽天銀行と楽天カードの併用 +1
楽天でんき +0.5
楽天証券 +1
楽天トラベル +1
楽天市場アプリ +0.5
楽天ブックス +0.5
楽天Kobo +0.5
楽天Pasha +0.5
Rakuten Fashionアプリ +0.5
Rakutenパ・リーグSpecial +1
楽天ビューティ +1

例えば、楽天モバイルと楽天ひかりに加入している人が楽天市場で楽天カードを使うと、ポイント還元率が5%にアップします。

- ポイント還元率5%の内訳 -
楽天会員
1
楽天モバイル
1
楽天ひかり
1
楽天カード
2

合計 5倍(ポイント還元率5%)

楽天経済圏の攻略法 その3「楽天市場」での買い物は毎月5と0のつく日にまとめる

カレンダー・イメージ画像

楽天市場での買い物は、5日・10日・15日・20日・25日・30日にまとめましょう。

毎月、「5」と「0」がつく日に楽天市場で買い物をすると、楽天会員+1倍、楽天カード+2倍(楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードはさらに+2倍)、キャンペーンへのエントリー+2倍で、ポイント還元率が合計5倍になります

さらに、エントリー後に楽天市場で2万円以上の買い物をすると、普段の買い物のポイント還元率が2倍にアップ(一部対象外店舗あり)。1か月に6回もチャンスがあるため、楽天経済圏を攻略する際は、上手く利用するのがおすすめです。

楽天経済圏の攻略法 その4買い物は楽天グループのサービスで

楽天ポイントを効率よく貯めるために、本や雑誌、ゲーム機・ソフトなどは、「楽天Kobo」、「楽天ブックス」、「楽天マガジン」など、楽天グループのサービスで購入しましょう

こうした楽天グループのサービスで買い物をすることで、楽天ポイントが貯められるのはもちろん、楽天市場での買い物時のポイント還元率もアップします。

楽天Koboは、コミックや小説、ビジネス書、雑誌、BL・BTなど、多彩なラインナップを揃える電子書籍サービス。約400万冊(2021年2月時点)の電子書籍を取り扱っており、無料で読める作品も充実している。電子書籍は、コミックや小説、ミステリー・サスペンス、ライトノベル、ビジネス、ノンフィクション、化学、PC、美容など非常に細かく分類されているため、「読みたいジャンルしか決まっていない」という場合でも目当ての作品を見つけやすい。

また、楽天Koboで購入した電子書籍は、パソコンやタブレット、スマホ、電子書籍リーダーなどさまざまな端末で閲覧可能。データはクラウド上に保存されるため、通勤や通学中に読んだ本の続きを帰宅後にパソコンで読むといった使い方もできる。また、毎週水曜日は女性限定で最大20%オフクーポンを配信しており、お得に電子書籍を楽しめる点も魅力

楽天Kobo公式サイトへ行く

楽天経済圏の攻略法 その5固定費は楽天グループのサービスにまとめる

電気・イメージ画像

スマホは「楽天モバイル」、電気は「楽天でんき」というように、固定費を楽天グループのサービスにまとめることで、楽天ポイントを効率よく貯められます。さらに、これらのサービスは、SPUの対象プログラムに含まれるため、楽天市場での買い物時にお得にポイントを貯めることが可能です。

固定費を楽天グループのサービスにまとめるのも、楽天経済圏を攻略する際に押さえておきたいポイントの一つといえるでしょう。

楽天モバイルは、格安スマホ・格安SIMを提供する楽天グループの通信事業者。「回線が比較的安定しており、快適に使える」と高評価を得ている。

楽天モバイルが提供する料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、1GBまで月額0円、3GBまで月額1,078円(税込)、20GBまで月額2,178円(税込)、20GB以上(※無制限)は月額3,278円(税込)と、幅広い通信量に対応したプラン。さらに、300万名限定で「Rakuten UN-LIMIT VI」プランを1年無料で利用できるお得なキャンペーンを実施しているため(※2021年4月7日まで)、気になっている方は早めに申し込むと良いだろう。

また、「Rakuten Linkアプリ」を使えば国内通話がかけ放題になることにも注目したい。
その他にも、楽天モバイルでは、スマホ端末の購入や、月々の利用料金の支払いに楽天ポイントを利用可能。楽天グループのサービスを利用することが多い人であれば、楽天モバイルはぜひチェックしておきたい。

楽天モバイル公式サイトへ行く

楽天経済圏の攻略法 その6楽天銀行や楽天証券を活用する

株価の推移・イメージ画像

楽天経済圏を攻略して楽天ポイントを1ポイントでも多く貯めたい場合は、楽天銀行や楽天証券を利用するのも一つの方法です。楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を利用すると、楽天市場での買い物時、ポイント還元率が+1倍になります。また、楽天証券では楽天ポイントで株や投資信託の購入が可能。貯めたポイントを投資資金に当てれば、少ないリスクで投資をスタートできます。

楽天証券は、楽天グループが運営するネット証券会社。サービス開始以降、総合口座の数は順調に伸び続け、2020年には500万口座に達している。
楽天証券はサポート体制が充実しており、投資未経験者でも安心して利用可能。実際に、楽天証券を利用している人の69%が投資未経験者となっている(2021年2月時点)。
また、楽天ポイントを使ったポイント投資にも対応。楽天グループのサービス利用で貯めた楽天ポイントで、投資信託や国内株式、バイナリーオプションを購入することができる。さらに、1ポイント1円でNISAやつみたてNISAにも利用可能。1回500円以上のポイント投資をすると、その月度のみ楽天市場での買い物のポイント還元率が+1倍になる点も魅力。

楽天証券公式サイトへ行く

楽天経済圏の攻略法 その7美容院やネイルサロンの予約に楽天ビューティを利用する

楽天グループでは、美容院やネイルサロンを検索できる「楽天ビューティ」を運営しています。この楽天ビューディーから美容院やネイルサロンにネット予約をすると、利用料金の1%の楽天ポイントを付与。お得にポイントを貯められます。楽天ビューティーも楽天経済圏の攻略には欠かせないサービスの一つと言えるでしょう。

楽天ビューティは、全国の美容院やネイルサロン、リラクゼーションサロン、エステサロンなどを検索・予約できるサービス。新宿や渋谷などの人気エリアから郊外のエリアまで、広範囲に対応している。また、エリアや最寄り駅から店舗を検索できるため、自宅から近いサロンをスムーズに見つけることが可能。さらに、各サロンの得意メニューやヘアカタログなどがわかりやすく掲載されているのも嬉しい。ちなみに、ヘアスタイルやネイルデザインに迷ったときは、サイト内のランキングからお気に入りを探すのがおすすめ。
アプリから3,000円以上の施術をネット予約した場合、ポイント還元率が2倍になる点も要チェック

楽天ビューティ公式サイトへ行く

まとめ

楽天経済圏を攻略できれば、お得に楽天ポイントを貯められ、年間数万円の節約が可能です。例えば、SPUをフル活用すれば、楽天市場の還元率が最大16倍になります。また、楽天モバイルや楽天でんきといった固定費から楽天銀行や楽天証券といった金融系まで、楽天グループのサービスは多岐に渡るため、利用するサービスを楽天グループのものにまとめることで、その分、楽天ポイントが貯まりやすくなる点も魅力でしょう。

楽天経済圏を上手く活用し、お得にポイントを貯めたいと考えている方は、今回ご紹介した楽天経済圏の攻略法を参考に、家計の節約にぜひ役立ててください!

加藤良大

この記事を書いた人加藤良大

歴9年のフリーライター。固定費の徹底的な削減によって、生活費は月20万円以内(4人家族)。ポイント活用で年間4万円分の節約に成功している。

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • ツイートする
  • はてなブックマークに追加